誰でもできる、物価の安い国で働かずに暮らす「外こもり」という生き方

スポンサーリンク

外こもりで自由に生きる

外こもりとは

外こもりは短期派遣やアルバイトをしてある程度の貯金ができたら辞めて物価の安い国で働かずに貯めた貯金を使って質素な生活を送り自由に生きるというのが簡単な説明です。

若い世代では20代からこのような外こもりをしている人がいます。

外こもりをする人は主にサラリーマン・OL生活に疲れて一旦社会人生活をリセットして、社会人生活ではできない非現実的な生活をしてリフレッシュしたり、そもそも働くことが嫌で( 僕のように )できるだけ働かない生き方をしたい人ですね。

働かないだけでも非現実的なのに、さらに海外で生活するのですから僕にとってはまさに夢のような生活です。

僕も外こもりをしたくてたまりません、今すぐにでも。

ゆとり教育のせいで働かずに自由に生きたいという僕のような考えを持った人は昔に比べるとかなり数は増えていますね、明らかに。

僕は働くのはすごく嫌です、そのため働かずに生きていくにはどうすればいいのか、ということについてはものすごい真剣に考えることができます(笑)

やはり僕にはセミリタイアしかない。

 

外こもりをする国

外こもりをする国はやはり物価の安い東南アジアが圧倒的に多いです。

物価が安いというだけならアフリカや南米もありますが、日本から遠いので航空券の値段が高くなってしまうのがネックなようです。

外こもりをする人はそこまで貯金がないのでできるだけ航空券も安く済ませたいと思うとやはり東南アジアになってしまいます。

タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、インドネシアなどが外こもりをしている人が多いと思います。

どの国も親日国なので長期滞在も全然大丈夫ですね。

治安は日本に比べるとやはり悪いですが、アフリカや南米に比べると東南アジアの方が治安は良いです。

僕は今年タイに旅行に行ったことがあるのですが、タイは今どんどん発展しています。

首都バンコクは鉄道も整備されていて非常に便利で過ごしやすいところでした。

治安も思ったほど悪くなかったです。

あと日本人はどこにでもいました(笑)、日本語の看板もたくさんありましたね。

タイは日本人にはとても住みやすい国だと思います。

当然生活費は日本より安く済ませることができます。

タイ料理は日本人にも合っていて安いです。また、日本料理店も数多く進出しています。

僕だったら外こもりをするならタイにします。

 

スポンサーリンク


 

最近の外こもりをしている人達

今までは短期労働で稼いだお金を貯金して、その貯金を切り崩して外こもりをしている人がほとんどでした。

ですが、最近の外こもりをしている人は株・投資信託の配当金や不動産の家賃収入などの不労所得を毎月得ていて生活をしている人もいます。

つまり、短期労働を定期的にする必要がないということです。

収入が安定していれば半永久的に外こもりができてしまうのです。

今までの外こもりのデメリットであった、貯金がなくなったら帰国してまた働くという必要がないのです。

また働かなければならないのか・・・という絶望感を味わうことはありません。

すばらしい存在ですね、不労所得というのは。

また、外こもりの滞在先でブログ運営をすることでブログ収入を得ている人もいます。

ブログ更新はインターネット環境さえ整っていればどこでもできます。

毎月20万円以上稼いでいる人もいます。

ブログ記事を書くという労働が伴いますが、外こもりの滞在先の国でもできるので現地で気楽に記事更新ができます。

日本で働いてお金を稼ぐという労働とは全く違います。

こういう自分にとって楽しくできる労働なら僕もいくらでもできます。

東南アジアの国々はホテルやカフェに free Wifi が整備されているのでノートパソコンさえあればブログ運営は可能です。

ブログのジャンルを自分の好きなジャンルにすればブログ運営も楽しくできます。

楽しくできるというのがブログ運営のいいところです。

海外でブログを書いていれば日本とは違った発想ができるかもしれません。

そんな生活にものすごい憧れがあります!!

絶対に楽しいに決まっています。

楽しく作業をしながらお金を稼ぐ、まさに天職ですな。

僕もブログ運営が趣味の一つです、楽しくやっています。

 

外こもりは誰にでもできる

外こもりは本当に誰にでもできます。

学歴とかなんか関係ありません。

外こもりをしたいという気持ちさえあれば、後はそのために準備をしていくだけです。

今の時代は「インターネット」という強力な武器があります。

インターネットがあればサラリーマン・OLとして働かなくてもお金を稼ぐ手段はたくさんあります。

もうすでに働く以外にお金を稼いで外こもりを存分に楽しんでいる人はたくさんいます。

そういう偉人( 働いてないので褒めすぎるのはよくないかもしれませんが・・・ )の方たちのおかげで働かなくても自由に生きていけるということが証明されているのです。

誰だってやればできるのです!!

冒頭にも書きましたがサラリーマン・OLが本当に辛すぎたら、余り我慢せず仕事を辞めてリフレッシュする時間を作るのも大事だと思います。

外こもりをすることで自分の考え方がいい意味で変わるかもしれません。

またがんばって働こうという考えが生まれるかもしれません。

僕もセミリタイアしたらタイへ外こもりをしてみようかなって思っています( これ、実は結構真剣に考えています )。

ただ、恥ずかしながら僕には外こもり後にまた働くなんてことが絶対にできません・・・

それはなぜか? 理由は簡単です。

働きたくないからです、僕はクズ人間だからです!!

超ゆるいアルバイト位なら頑張れると思いますが、セミリタイア後にそれ以上の労働はのんびり屋の僕には絶対に無理です!! 断言されて頂きます!!

働かずに自分の好きなように自由に生きる・・一体世界中のどれだけの人が憧れていることでしょう。

外こもりという非日常的な生き方、僕は必ずやってみせます。

のんびり屋「 そのためにまずはセミリタイアをしなければ・・・


スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 東南アジアも物価が上がって来てますからね。
    今は日本で引きこもるほうが安上がりかもしれません。
    それでも気分的に海外放浪はやはりしたいですけどね。
    日本で派遣バイト6か月以上、派遣切り+雇用保険即至急、この雇用保険期間で旅行、帰国したらまた派遣で6か月以上、、、このループが美味しいと思うのですが。
    ただし狙って切られないので意外と長く働いてしまうこともあるでしょうけどね。

  • >招き猫の右手さん
    コメント頂きありがとうございます。

    確かに・・・ある意味日本の方が安くなるかもしてませんね。

    でも海外旅行は僕の憧れです。

    派遣切り+雇用保険即支給は最高のループですね。

    うまくいくのかは別の話ですが(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です