ついに両親に自分はもう結婚しないと報告しちゃいました!!


スポンサーリンク

結婚しないと両親に宣言

久しぶりの帰省

この前、久しぶりに実家に帰省しました。

何ヵ月ぶりですかね、とても懐かしかったです。

親もドンドン老いていっているのが分かります。

また年取ったな~と、率直に思いました。

久しぶりの帰省と言うこともあり、母親がかなり気合を入れてご飯を作ってくれました。

普段は一人暮らしでしかも節約生活をしているので食事はいつも質素です。

そのため、ありふれたおかずの数に感激してしまいました。

栄養補給とばかりに食いまくりました。

お酒も入り、お互い徐々に酔ってきて話も結構盛り上がってきました。

家族だけあって色々と隠さずに話ができるのでいいですね。

 

将来セミリタイアすることに続いて結婚しない宣言

親はやはり僕がまだ独身でいることを心配しています。

僕ももう30歳を超えていますからね。

以下、親とのやり取りを簡単に説明します。

親「 彼女はできたのか? 」

のんびり屋「 いない(キッパリ!!) 」

親「 年齢的にもそろそろ身を固めた方がいいんじゃない? お見合いとかすれば? 」

のんびり屋「 まだそこまで焦ってはいないよ 」

親「 なるほどね 」

のんびり屋「 ・・・というか、将来セミリタイアすると言ったと思うけど、他にも自分の人生設計を色々考えている 」

親「 どんな? 」

のんびり屋「 まず心配している結婚についてだけど、たぶん自分は結婚しないと思う 」

親「 !!!!!? 」

親「 本気なのか!!!!!? 」

のんびり屋「 とにかく自分は一人で自由に生きていきたいんだ 」

親「 そうは言っても孫の顔が見たい・・・ 」

のんびり屋「 自分と同じ考えの人に出会えたら結婚も考えるよ 」

親「 ・・・とりあえず分かった・・・ 」

どうやら僕が以前将来セミリタイア生活をするということを親はあまり真剣に考えていなかったようです。

そう言いながらも僕が働き続けて結婚して親と同じ生活を歩んでいくと思っていたような感じでした。

親にはショックを与えたかもしれませんが、とりあえずまた僕の人生計画を話せてよかったです。

セミリタイアへ向けてまた1歩前進しました。

 

スポンサーリンク


 

僕は一人でいる方が気が楽

親には自分と同じ考えを持った人がいたら結婚も考えると言いましたがそんな女性と出会えるとはとても思えません。

サラリーマンとして働かずに不労所得・アフィリエイト収入と多少のアルバイトで生計を立て、世間とはあまりかかわりを持たず、適度な海外旅行をして自分の好きなように生きていく・・・こんな自分勝手な男と結婚したいなんて女性がいるとはとても思えません。

親はまだ僕が結婚すると希望を持っていると思いますが、まあいいです。

息子が親をあまりガッカリさせても親不孝なだけです。

いや~それにしても僕は本当に親不孝者ですな。

両親は息子の僕のために僕が子供の頃は必死に育ててくれたというのに・・・

両親のおかげで成人するまで何一つ不自由なく生きていけたというのに僕は今まで親孝行なんてことが何一つできていない。

やはり僕は救いようのない最悪な息子ですな。両親よ許したまえ~~

のんびり屋「 僕はそれでも、どう~してもセミリタイアしたいのだす!! 」



スポンサーリンク








10 件のコメント

  • 正直な本音や本心が話せる家族がいるのはいいですね。
    親もいつかはのんびり屋さんの考えが変わるかも?と思ってるかもですけど、
    理解のある家族でとても羨ましいです。

  • こんにちは。

    今は30歳くらいということで体も若いので結婚願望は無いかもしれませんが、40歳あたりを超えてくると
    体力も衰えて寂しさましてかなり一人だと寂しくなりますよ。若いうちってそんなもんです。体力の衰えは想像以上に孤独感を
    増幅させます。その時には実際結婚しようと思っても若い娘には相手にされない年齢になってしまっているという・・・・

    とはいっても男にとって結婚はデメリットしかないですしね。フランスみたいに事実婚とかでいいなら女性と暮らしたいですけどね。

    まあとにかく結婚は今結論を出さなくてもイイと思いますよ。

  • 結婚は縁なので、どうなるか分かりませんよ。
    子供の幸せを願わない親はいませんが、それはあくまで親の物差しの幸せだから難しいですよね。

    社会が便利になり、価値観が多様化、生きにくい時代、3組に1組が離婚する日本で、親世代の幸せの価値観を押し付けられてもなあ…って。
    のんびり屋さんのような考えの方ならなおさらでは?

    僕個人の考えとしては、1回きりの人生好きなように生きたれ!って思います。
    たとえそれが、うまくいかなかったとしても、自分が選択した事で納得がいくからです。

  • >kasukaさん
    やはり本音で話ができると気持ちがスッキリしますね。

    それでも親は僕に結婚してほしいと思っている気がします。

    何とか理解してもらえるように説得します。

  • >gojiraさん
    助言ありがとうございます。

    ですが僕の場合は体力が衰えても孤独感は増えないと思います。

    今でもずっと一人ですからね。

    結婚のメリット・デメリットは人それぞれ違いますが、僕の場合もデメリットの方が多いです。

    結構考えたうえで出した結論ですからね、この考えは変わらないと思います。

  • >たつさん
    結婚したってずっと幸せにいられる保証なんてどこにもありませんよね。

    離婚率の高さがそれを物語っていますね。

    1度きりの人生なので自分の好きなように生きたいと思います。

  • 結婚なんて無理にするものじゃないですからね。
    普段から堂々と周囲にリタイア願望の話をしてればいいですよ、
    そしたら通常の女性は寄って来なくなりますw
    逆に言えばそのフィルタを抜けて、それでもいい、あるいはむしろ自分も早期リタイアしたい、という女性だけが近くに居るようになりますので、その場合に検討したらいいでしょう。

    親については僕も子供をつくることはないと決まった(と思った)ので海外に連れていきました、3年ほど前にタイに一緒に旅行しました。
    子供についてのカネがかからないのでそういったことで親孝行すればいいかなと思ったわけです。
    なのでのんびり屋さんも何かしらのことで還元すればいいと思いますよ。

  • >招き猫の右手さん
    確かにセミリタイアの話をしていれば共感する女性が出てくるかもしれないですね。

    もしそんな女性が現れたら結婚も考えてみたいと思います。

    そうですね、結婚しない分、別のことで親に還元して親孝行していこうと思います。

    助言ありがとうございます。

  • おそらくですが、女性株式トレーダーといった投資家が結婚相手としてベストなのではないかと思います。
    杉原杏璃さんみたいな方が該当しますね。
    女性投資家は憧れです。
    結婚するとしたら同じ価値観を持った異性がいいですしね♪

  • >ぐっしーさん
    ですね、やはり価値観が合う人でないと長く一緒にいられない気がします。

    そうなると僕のようなタイプの男は希望が薄いですね・・・

    女性投資家の方なら気が合う人がいるかもしれません。

    出会えることを願ってこれからもセミリタイアへ向けてがんばっていきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です