ついに退職について上司と面談・・・必死に引き留められてしまいました


スポンサーリンク

退職について上司と面談

上司との1対1の面談・・・死ぬほど怖かったです。

ですが、上司は怒るどころか泣きそうな話し方で辞めずに残ってくれと説得してきました。

以前の記事でも述べましたが、今僕が所属しているプロジェクトはこれから数年が山場になります、さらに要員がギリギリです。

あと1人でも仕事を辞めた場合はプロジェクトが成り立たなくなる状況です。

なぜここまでギリギリなのかと言いますと、すでに2人辞めているからです。

辞めた理由は僕と同じで仕事が辛いからです、それくらい地獄なのですこの仕事は。

プロジェクトが成り立たなくなるということは顧客側から見れば明らかな契約違反です。

ここら辺までは僕も予測していました。

僕が辞めたら人員不足になるので別の人間を代わりに入れるから大丈夫だと思っていたのですが、この考えが甘すぎました。

僕の会社は聞いたこともないような中小企業です。

要員を1人追加することも簡単ではありません、上司からはすぐに代わりの要員を補充するのは明らかに不可能だとはっきり言われました。

そもそもこんなシフト制で辛い仕事なんて好きでやる奴なんていないっちゅうの!!

予想以上な上司の必死の説得に逆に僕が折れてしまいました。

のんびり屋「 ・・・分かりました、もう少し我慢して働きます・・・ 」

僕が辞めることでプロジェクトが成り立たなくなるということは、僕のせいで職場の人間が全員路頭に迷うということです。( 冗談ではなく中小企業は本当にこれくらいシビアなのです )

さすがにこういう状況になると僕が我慢せざるを得ません。

上司が僕が我慢すると言ってホっとしたのか、その代わりに「辞めるとまで言ってきたんだ仕事に不満があるのか? 言いたいことがあるなら本気で言ってくれ」と問いかけられました。

ここで僕は仕事の不満についてウソを言わずはっきりと何もかも言ってやりました!!

何もかもハッキリ言ったおかげで気持ちはすごいスッキリしました。

ですがこのせいで僕は出世は諦めた方がいいですね、間違いなく。どう考えても上司の印象は明らかに悪くなったに決まっています。

これについては別に問題ありません。

僕がしたいのは一生懸命仕事して出世したいのではなく、自分が好きな時に好きなことをして生きていく自由なセミリタイア生活ですから。

問題なのは仕事を辞めることができなくなったことです。

仕事を辞めると記事を書き続けてきたのに結局社畜を続けることになりました。

僕のブログを見ていた皆様、本当にすいません。

ブログの記事だけなので僕の本当の気持ちが伝えられないのが悲しいところです。

僕のブログを読んでくれている方によっては「もともと辞めるつもりなんてなかったんだろ?」と思っている人もいるかと思います。

ここは信じて頂きたいです、本当に辞めるつもりでいました。

色んな事を犠牲にしてのシフト勤務は本当に辛いものがあります。

夜勤は生活リズムがものすごい崩れます、長くやればやるほど間違いなく寿命は縮みます。

この苦痛から逃れるために仕事を辞める選択をしましたが、僕のせいで他の人間も犠牲になるのはさすがに僕も他人事のようにふるまうことはできません。

 

スポンサーリンク


 

社畜が続く・・・早くセミリタイアしなければ

これからも社畜が続くとなると憂鬱でしかありません。

すぐにではないですが、そのうち僕のプロジェクトにも追加要員が来ると思うので、その時は有無を言わさずきっぱりと辞められるように準備を万端にしておく必要があります。( いつ要員が追加になるのかは全く不明ですが・・・何年も先かもしれません )

退職後はしばらくアフィリエイトに専念しようと思っていました。

そのためにすでに「お名前.com」から複数のドメインを契約しています。

情報商材のアフィリエイトを始めようと思っていたからです。

なぜ情報商材のアフィリエイトかというと報酬が高額だからです、セミリタイアへ向けて少しでも収入を増やそうと考えていました。

情報商材のアフィリエイトは収入が発生するまでは結構な試練がいくつもあります。

正直成功するのかは分かりませんが、やってみないことには何も始まりません

仕事を辞めて数か月間のプチセミリタイア生活をしながら楽しくやろうと思ったのですが、社畜生活をしながらやることになってしまいました・・・

さすがに今の僕の気持ちでは前向きに考えることはできませんが、早くセミリタイアしたいなら立ち止まるわけにはいきません。

退職後は転職ではなくセミリタイア生活をするには、とにかく働く以外の収入を確保しなければ。

勤続年数が上がれば上がるほどもらえる退職金は増えますからねできるだけ前向きに考えるようにします・・・

不労所得とアフィリエイト収入のコンビで僕はセミリタイアを目指します。

退職が延びてしまったので、毎月の積立投資も続けます。

また地道にコツコツと米国株・日本株への積立投資をしていきます。

色々と心配してくれた皆さん、わざわざコメントまで頂いた皆さん、本当にすいません。

でも本当に40歳になる前には今の仕事は辞めます、どこまで我慢できるかは分かったもんじゃありませんが・・・

皆さん、これからものんびり屋ブログをどうぞよろしくお願いします。



スポンサーリンク

28 件のコメント

  • 我慢してまで働く意味がよくわかりません。
    もし明日、体調不良がひどくなりそれが今後ずっと自分の人生を悩ませることになってもまだ働きたいのかなあ?

    私はもう会社はお金を得るツールとしか考えていなくて、周りがどうとか考えることはなくなってしまいました。

    くれぐれも健康にはお気を付けください。

  • >クロスパールさん
    コメント頂きありがとうございます。

    「我慢してまで働く意味がよくわかりません」・・・まったくおっしゃる通りです。

    体の健康を害してまで働く必要はないと僕も思っています。

    後悔するかもしれませんが、今の職場の状況は本当に切羽詰まっていて簡単には辞められないというのが実情です。

    当然、いつまでも今の会社で働くつもりはありません。

  • どもです!まだしばらく続けることにしたんですね!実は自分、仕事でキャリアアドバイザーをしているので、こういった状況は日常茶飯事で見ているんですが…、基本的に会社や上司は、個人のことを考えてくれません、シビアな言い方ですが。人員が足りないのはのんびり屋さんのせいではなくて、突発的に人が辞めることを想定外できていない会社のせいです。キャリアアドバイザーの中では定説なんですが、通常「辞められないということはありえない」はずなんです。個人には職業選択の自由がありますからね。会社や上司はあらゆる理由で引き留めに来ると思いますが(実際そうだったようですね)、それに従わなきゃいけない理由は本来ないんです。なので、本当にきつくなったら会社のことや周りのことなんて気にせず、無理しないで離脱してくださいね。繰り返しですが、仮に会社の業績が傾こうがそれは個人のせいではないので。(でも実際、悲しいかな人が辞めてもなんとかなるのが組織なんですけどね…)
    長文、乱文失礼しました!

  • >しにちさん
    コメント頂きありがとうございます。

    まずは、長文ありがとうございます!!

    貴重な助言ありがとうございます。

    なんやかんやで今の職場に残ることになりました・・・確かに上司の言われるがままに従った感が否めません。

    しにちさんの言う通り、どうしようもなく我慢できなくなったら問答無用で辞めます、キッパリと!!

    会社の業績は個人のせいではないですからね。

    この助言は本当に助かりました、ありがとうございます。

  • (〃^▽^)ノ゙おはようございます♪

    辞めた後の会社の事なんか関係ないのに…
    のんびり屋さんは優しいんですね
    続ける決心をされた事は凄いです。

    私も昔、正社員で働いてた頃同じ様な経験があります
    引き止められて辞めれなくて嫌々働いてたんです
    ある日、呼吸器系がおかしくなり病院に行ったら
    医者「入院」私「仕事あるので無理」
    医者「死ぬよ」で即入院
    後々調べると、本当に死ぬ事もある病気でした
    おまけに円形脱毛症も出来ててボロボロ
    こんなになるまで、会社の為に何やってんだろーって
    退職を決意しました
    未だに呼吸器疾患で苦しめられてます

    辞められなかった事はのんびり屋さん自身も
    無念だったでしょうね
    辞めないと決めて、これからの事も考えて
    気持ち切替てる所なんですよね
    もしかしたら、今は辞める時期じゃなかった
    のかもしれませんよね
    ただ、身体が心配です。
    思ってる以上に身体は正直ですから
    おかしいと思ったら、追加人員のことなんか
    考えず、その時は即辞めてくださいね

    長文失礼しました。
    これからもブログ楽しみにしてます
    (*^-^*)

  • そのパターンで私はうつ病になりました。

    うつ病になったら会社側は態度が一変して「もう辞めれば?」みたいな態度になりました。

    そんなもんです会社なんて。

    上司に説得されたくらいで辞めないのは「ただ自分がまだ本当にやめる気はない」だけです。

  • もう予想どうりすぎて
    流石にいい年なので我慢しますwとは言いませんでしたが「人員補充ができるまで」と言っていた自分と重なって。
    「状況は本当に切羽詰まっていて」と、この思考が理解できすぎて本当に。
    そしてこれから起こるかもしれない出来事も
    ・同僚が辞める ・同僚が病気になる ・人員補充が無い ・どうしてこんな人を雇ったw
    退職すると同僚に迷惑が掛かる。これ他者に迷惑を掛ける事を嫌う日本人に最も効果的な退職を止める手法で自分滅茶苦茶やられてます、なのに他の人辞めてますw。退職後の会社の事なんて知らんがな、それこそ管理職の仕事です。一番考えなければいけないのは、のんびり屋さん自身が今後どうしていきたいかだけです。でも、もう決めたんですね社畜人生をもうしばらく歩むと、、、、。
    お金を得るためのツールと切り替えができれば資産を上乗せするには退職を思い留まり我慢して働くのも有りですが(40代からの自分はそうでした)、同僚や会社のために我慢(クロスパールさんの言われているのは、こちらの意味での我慢だと思いますが)して働く事に意味があるのかと、のんびり屋さんには、社畜人生擦切らせないためにも前者思考で多少なりとも心身健康でいて欲しいなと思います。

  • こんにちは

    のんびり屋さんがやめて、他の人が困るのは、会社の問題です。
    一人が辞めて他の人が路頭に迷おうが会社の問題です。
    のんびり屋さんがやめなくても誰かが急死することや入院することだってあるのですから。
    それで潰れてしまうプロジェクトなんて一度潰れてしまった方がいいです。
    (それで他社に転職できないような社員がいても、
     そのリスク対策できてなかったその社員の問題です。)
    悪循環になるだけだと思います。
    あなたが、その犠牲になることなんてないと思いますよ。

    のんびり屋さんは自分のことを一番に考え、
    その利害が会社と一致した場合のみその会社で働けばよいのです。

  • のんびり屋さん こんにちは
    さゆこです
    ランキングからきました

    自分が辞めることで他の人が路頭に迷うなら
    そりゃー辞められません。
    良心が咎めます。

    自分がいなくても会社は成り立つと
    頭では分かっていても…です。

    辞めるのもタイミングありますよね。
    応援してます^ ^

  • 気持ちは分かります
    普通の人なら自分が辞めたら他の人が大変な目に合うと分かっていたら
    誰でも二の足踏みますよ
    まあしばらく残ってそれでももう無理!ってなったら,上司も諦めてくれるんじゃないでしょうか

  • 初めまして!いつも楽しく拝見させていただいております!初コメントです。
    私も現在33歳。のんびり屋さんに刺激を受け投資信託を始めました。私の様な初心者には、大変勉強になります。 私はセミリタイヤをしたいわけでは無いですが、同世代の方の資産運用に非常に興味があります。 私もこれから米国ETF等運用したいと考えておりますので、米国関連のお話また教えてください。

  • >くまさん
    コメント頂きありがとうございます。

    長文ありがとうございます。

    やはり引き止められた後って嫌々働きますよね、当然ですよね・・・

    呼吸器系がおかしくなるまで頑張るとは、くまさんはすごすぎます!!

    やはり頑張りすぎというのは良くないですね。

    今は気持ちの切り替えをしているところです、複雑です。

    今の仕事を続けはしますが自分の体には一番気を使っていきます。

    これからも是非僕のブログにお越しください。

  • >gojiraさん
    コメント頂きありがとうございます。

    「ただ自分がまだ本当にやめる気はない」・・・おっしゃる通りかもしれません、恥ずかしい話です。

    gojiraさんの経験は必ず参考にさせて頂きます。

    会社の態度がまさにそんな感じがしてきました。

  • >さるさるさん
    コメント頂きありがとうございます。

    全くさるさるさんの予想通りになってしまいました。

    日本社会の止め方にまんまとハマってしまったのかもしれません、覚悟が足りなかったのかもしれませんが。

    やはり人のためではなく自分のためと割り切って働く必要がありますね、もともとセミリタイアするつもりなのですから。

    貴重な助言ありがとうございます。

  • >あんこさん
    コメント頂きありがとうございます。

    確かに僕は会社の問題を考え過ぎているかもしれません。

    色々考えすぎてしまったのがいけなかったかもしれません。

    リスク対策は個々の責任ですからね。

    自分のためだけを考えて働くのが一番ですね。

    忠告ありがとうございます。

  • >さゆこさん
    コメント頂きありがとうございます。

    やはりもっと自分のことだけを考えるべきですね。

    そうしないと辞めるに辞められません。

    ちょっと会社のことを考えすぎてしまいました。

  • >まめすけさん
    コメント頂きありがとうございます。

    ですね、二の足を踏む前に辞めるべきですね。

    次は2回目ですから、辞めると報告するときはもうキッパリと辞めます。

    もう無理と思う1歩手前くらいで辞めます。

    忠告ありがとうございます。

  • >たかひろさん
    コメント頂きありがとうございます。

    たかひろさんも投資信託を始めているのですね。

    しかも僕のブログに刺激を受けたとはうれしい限りです、ありがとうございます。

    これからも米国株への投資はしていくので是非これからも僕のブログにお越しください。

  • 決めるのは自分自身なので、のんびり屋さんの決めた通りに進むのがいいと思いますよ。
    自分で続けると決めたからと言って、本当につらくなったらドタキャンもありですけどねw
    続けられるなら給料も良いのでセミリタイア資金を稼ぐのにはいいと思います。
    話を聞く(読む)限り、上司さんはいい人そうですけど、会社も同じ考えとは限りません。
    一番大切なのは自分自身なので、人のためではなく、のんびり屋さんの幸せのために進むのが一番だと思います。

  • >kasukaさん
    コメント頂きありがとうございます。

    ありがとうございます、自分で決めたのでその方向に進みます。

    どうなるか分かりませんが限界の一歩手前くらいまで来たらドタキャンします。

    給料をもらっているうちは地道にコツコツと積立投資をしていきます。

    夢のセミリタイアまでできるだけがんばります!!

    これからも僕のブログにお越しください。

  • のんびり屋さんこんばんは。
    お仕事続けることにされたんですね。
    今も人員がギリギリとのこと、仕事が余りにも大変だと心身を壊してしまうかもしれません。
    いつか来るセミリタイア生活を楽しいものにするためにも、お体ご自愛下さい。

    積立投資を続けられるとのこと、のんびり屋さんのポートフォリオすごく参考になるので
    毎月楽しみにしています。

  • >よーちゃんさん
    コメント頂きありがとうございます。

    そうなんですよ、あれだけ辞めたいと言っておきながら続けることになりました・・・

    将来のセミリタイア生活を楽しむためにも健康には気を付けます。

    忠告ありがとうございます。

    今投資信託のポートフォリオを整理しています。

    複数保有していますが2つくらいに絞ろうと思っています。

    近々記事にしますので是非見に来てください。

  • 拝見いたしました。頑張ってください。

    いいじゃないですか。今後辞めるという選択肢が残ったわけだから。辞めるのは一回切りですからね。

    前にも書きましたが、我々は労働者という枠の中で生きています。プロジェクトがたち行かなくなって社員が路頭に迷うのは経営者の考えることで、それを考える給料を我々は頂いていません。

    いい方向に向かえばいいですね。

  • >Tappyさん
    コメント頂きありがとうございます。

    一回きりのカードは大事に使いたいと思います。

    自分のことを第一に考えていい方向に向かうように努力していきます。

    忠告ありがとうございます。

  • こんばんはー(^^)ノ

    お仕事続けることになさったんですね~
    プロジェクトが倒れちゃうとか言われたら仕方ない気もしちゃいますよね^^;

    何年も続くのでしたら、半年後とか一年後とか辞める時期を伝えて、体制作ってもらうのが現実的かもしれませんねぇ。ボーナスとか影響出ちゃうかもだから嫌ですが・・・笑

    何はともあれ健康に気を付けてくださいねー

  • >信玄さん
    コメント頂きありがとうございます。

    色々言いながらも結局今の仕事を続けることにしました。

    これを機にもっと計画的に辞める時期を決めようと思います。

    自分の体は第一に考えます。

    忠告ありがとうございます。

  • 上司は泣き落としできましたか。。。
    上のコメントでも語られていますが、基本的にプロジェクトがぎりぎりなのも人員が不足しているのも会社のマネジメントの問題なので、そこまで1社員が背負い込むことはないです。
    本当に辞めたくなったらさっさと辞めるのはアリでしょう。それにドタキャンでもなく1か月ほど猶予をもって伝えるなら常識の範囲内だし。法律的には2週間だったかな?その間に次の人員を確保するだけの話だし、それが出来ないのはこれまた会社の問題ですから。

    さて、これで退職するぞ、という見栄を切ったわけですが、これが良い方に転ぶ場合もあります。
    しばらく上司にしろ会社にしろ優しくなったりとかね、労働条件を多少緩くしてくれるかもしれません。
    でないとまた辞めると言い出すぞ、という態度を見せつつw
    まあうまくやり取りしてください。
    逆に嫌がらせされるような会社もあるかもしれませんが、そこは上手く立ち回って有利に持っていけるといいですね。

    会社や仕事なんてカネを稼ぐツールなだけですから、そこまで背負い込んだり人生を掛けるようなものじゃないですよね。

  • >招き猫の右手さん
    コメント頂きありがとうございます。

    ですね、要員不足は考えてみれば自分のせいではなく会社のせいですよね。

    おっしゃる通り本当に辞めたくなったら迷わず辞めます。

    たしか2週間の猶予はあったと思います。

    これからの会社の対応に少しばかり期待したいです。

    とにかくこれからは自分自身を最優先して仕事をしていきます。

    金を稼ぐツールとして気楽にいきます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です