「仕事が楽しくて仕方ない」なんて言ってみたいが自分の場合は100%ないな・・・

スポンサーリンク

仕事にストレスは付き物

仕事が楽しくなるなんてことがあるの?

「 今の仕事は自分にとって天職だ 」なんてことを言う人が世の中にはいるようですが、僕からするとすごいことですよ、このセリフ。

のんびり屋「 恐れ多いわ・・・こういう人って 」

その仕事が自分の能力にピッタリだから天職だ、と言うなら分かりますが、その仕事そのものが楽しくて仕方ないなんて言うのはある意味僕にとっては不思議です。

僕はサラリーマンしか経験していないからそう思ってしまうのかもしれません。

自営業なら仕事そのものが楽しいとか思ったりするかもしれませんね。

例えば、サラリーマン生活を我慢しながら貯金をして、夢だった「 パン屋 」などを開いたりする人はサラリーマンを辞めた後のパン屋での仕事は楽しいに決まっていますね、念願が叶ったのですから。

やはりサラリーマン・OLの仕事が楽しいなんて人はいないんじゃないですかね?

生きていくため、食べていくため、家族を養っていくため、家のローンを払うため・・・なんて理由で仕方なく働いている人ばかりのような気がします。

別にそれが悪いことだとは僕も思っていませんが、サラリーマン・OLがやるような仕事を楽しくやるなんてことは無理だと思います。

のんびり屋「 こんなことを考えるとより一層憧れてしまいますね、セミリタイア生活というのは 」

 

スポンサーリンク


 

収入よりもストレスが少なくて済むことを選ぶのがベスト

ガチなサラリーマンはストレスは必須です。

それと引き換えに安定した収入や福利厚生が与えられます、社会的信用も抜群。

反対にサラリーマンだの正社員だのにこだわらない生き方をすれば、収入はかなり減りますがストレスだって激減します。( のはずです。僕自身まだやったことがないので分かりません )

でも絶対ではないでしょうな、ちゃんと調べて選ばないとそれはそれで大変なことになります。

いわゆるブラック的な仕事を選ばないようにする必要はあります。

ストレスを極力抑えることができる生き方を僕は退職後の無職生活で見つけていこうと思っています。

僕の最終目的である働かずに不労所得だけで生きていくセミリタイア生活ができれば一番いいのですけどね。

今の僕の資産ではどう考えても無理です。

無職生活中に時間をかけて何かやりがいのあることを見つけます。

のんびり屋「 無職生活中に資産がなくなるまでとことん遊んで、資産が尽きたら死ぬってのもありですかね ♪♪♪ なんてね \(^o^)/


スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 極端な話、サラリーマンというのは具体的な目標や希望がかなわなかった人たちの最後の無難な選択肢ですからねw
    だから満足してる人は少ないでしょう。
    とはいえ仕事が面白いと思う瞬間はありました、それは就職、転職して最初の数か月~1年くらいです。
    この最初の時期は覚えることが多いし、段々とスキルアップしていくことが感じられたリするのでそういう意味では楽しかったこともありますね。
    でも3年もしたら飽きて惰性だけになり、基本はイヤになるのですが。
    だから長年同じ会社にいないでどんどん転職するのも手だと思うんですよね。

  • >招き猫の右手さん
    サラリーマン生活も楽しければいいのですけどね。

    どう考えても僕の場合は無理です。

    がんばろうとする意識が出てくるのは最初だけです。

    確かに僕の場合はどんどん転職する方が合っていますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です