YouTuber(ユーチューバー)になったのはいいが、動画撮影も編集ヘタクソすぎ。センスなし・・・

動画撮影も編集もひどすぎ、ユーチューバーの試練

よく分からない動画ばかり

今も先月の外こもり生活で撮った動画を編集しています。

懐かしいパタヤの景色を見ながら動画編集をしているのですが、その難しさに悪戦苦闘しています。

動画と動画をくっつけたり、不要な部分を削除したり文字を入れたりと動画編集の1番基本的なことしかしていないのに1~2時間くらいの時間を要してしまいます。

しかも時間をかけて作った割に完成度が超低いです。

動画を見て思ったこと

 

で? 結局何が言いたいの?

 

何を伝えたいのかまったく目的が分からない動画です。

動画編集技術がまだ浅いというのもありますが、動画をくっつけて数ヶ所の場所の映像を作ってはみてもさっぱりな動画です。

わざわざ僕のYouTubeのチャンネルを見に来てくれたユーザーに対して何を伝えたいのかが全く分からない申し訳ない動画ばかりです。

すいません・・・

動画を作った本人がそんなことを思っているのではどうしようもないな・・・ 

 

スポンサーリンク

目的をもって動画撮影を

やっぱり何でもかんでも撮ればいいって考えは初心者中の初心者の考えですね、ちょっと反省しています。

動画撮影は先に物語を想像しておかなければいけないと実感しました。

僕の作った動画で典型的なのがこれ

ま~単純すぎる動画ですよね。

ソンテウに乗ってるだけじゃねーか!! 

 

単純に乗っているソンテウから撮った動画です。

ま~意味不明です。

物語として考えるなら、例えば「 ホテルからビーチに向かってきれいな海を撮ろう 」とストーリーを決めて海に行く途中にソンテウに乗って「 これから海に向かいま~す 」という繋ぎの動画にするならいい動画になりそうです。

何も考えずにただ動画を撮ればいいやなんて浅はかな考えで動画を作るとつまらないしょうもない動画になってしまいます。

初めての取り組みでしたのでいい教訓になりました。

自分が実際にやってみると色々分かりますね。

こういう失敗の経験の蓄積は大事です。

もっと大事なことは失敗を次に活かしていこうと考えて行動していくことです。

6月からの外こもり生活ではストーリーを考えた上で動画を撮っていきます。

そういう観点でテレビを見ていると、やっぱりテレビ局ってすごいですね~

海外旅行の番組とかを見ていると視聴者に伝えたいことがピンポイントで分かるように編集されています。

さすがプロです。

僕も1歩1歩ユーチューバーとしてレベルアップしていきたいです。

スキューバダイビングのライセンスを取得して海の動画だって撮ってやるぜい!!

負けてられんぜよ、いくぜい!! 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です