次のタイの外こもりも最大の関門は入国審査だな。大丈夫かな・・・

タイの入国審査は厳しすぎる

過去に苦い思い出が・・・

タイの外こもりがもうすぐそこまで来ています。

楽しみという心の気持ちが爆発しそうです。

この気持ち、たまらんぜよ

 

外こもりに向けての準備は万全ですが、現地に行って心配なことがあります。

それは、タイに到着して最初に行う入国審査です。

ここ近年、タイの入国審査は厳しくなる一方なのです。

僕には嫌な経験がありまして、去年の6月の外こもりの時に入国カードに記入した滞在期間が28日間とノービザの30日近くまでいることに入国審査官が不振がって、「 なんでこんなに長期で滞在するんだ? 」と質問攻めにあいました。

ちゃんと聞かれたことは全て答えたので大丈夫かなぁと思っていたら、「 あっちに行ってくれ 」と別の審査官に別室へ連れて行かれました。

あの時はマジでビビったね

 

別室でしばらく待っていると呼ばれて、パスポートを見せろとのことだったので、パスポートを見せました。

審査官が僕のパスポートナンバーを入力して、何なら照合を始めました。

照合を終えると「 OK~ 」と言いだして、「 帰りの飛行機チケットを見せて 」と言ってきました。

なので、eチケットのコピーを見せました。

eチケットのコピーを確認したら審査官が「 入国を認めます 」みたいなことを言いだして、パスポートにハンコを押してくれました。

その後は、出口まで案内してくれて無事に入国できました。

ホッとしたのですが、2時間ほどのタイムロスを食らいました。

あの経験はもうしたくないな

 

スポンサーリンク

入国審査官は選んだ方が良い

そんな経験があり去年の11月のタイの外こもりの時は入国審査官を選びました

と言うのも、別室に連れて行かれた時に対応した審査官は若い女性でした。

こっちから見ていると、若すぎて新入社員のような感じでした。

僕に長期滞在の理由などを聞いている時に隣の審査官に何度も質問していましたからね。

今考えると、自分では最終判断ができないから、念のため別室に連れて行かせたようにも思えます。

なので、去年の11月の外こもりの時は若い審査官はやめようと考えまして、入国審査の列に並んでいる時に審査官達をよく見て、40代くらいのベテランっぽい男性審査官を選びました。

結果は大正解。

淡々と入国カードの記載内容を確認して、すぐにパスポートにハンコを押してもらえました。

なので、次回の入国審査もちゃんと審査官を選ぼうと思います。

強制送還だけは食らいたくない

 

ツイッターのフォロワーさんではタイへの入国回数が多いから、次回タイに入国するときはビザを取得してくるようにとパスポートに警告文を書かれた事例もありますからね。

タイの入国審査は年々厳しくなっていっています

先月台湾で外こもりをした時にタイの入国審査がいかに厳しいかが分かりました。

台湾の入国カードはそもそも滞在日数を記入するところがありません、記入箇所も少なく非常にシンプルでした。

さらに出国カードというものが存在していませんでした。

どんだけタイの入国審査厳しいんだよ・・・

 

前回のタイの外こもりから約3ヶ月も時間が経っていて、さらに2019年では初めての入国になるので、次回の入国審査は大丈夫だとは思うのですが油断は禁物ですね。

次回もベテランの審査官を選びます。

タイへの出発まで、もうちょいだ

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

9 件のコメント

  • ついつい列が短いところに並んでしまってました。
    なるほどです。
    参考にさせてもらって次回からベテラン男性審査官に並びます。
    私は効果があるか分かりませんが、審査官に対してワイをして心証を良くして入国審査に臨んでます。笑

  • >ハンチングたくまさん
    僕もそうなんですよ。
    なので次回もちゃんとベテラン男性審査官のところに並びます。
    心証を良くするのはいいことですね、見習います。

  • 職員の判断がすべてですから、印象よく振舞うことを意識するといいですよ。
    よれよれのTシャツを着て、いかにも「私はお金を使わない外国人です」なんて雰囲気を出さないように。
    審査の時だけでいいので上着を着て、タイ政府の望む散在する外国人のフリをしましょう(笑)

  • >ラスコーリニコフさん
    おっしゃる通りですね、印象よく振る舞うことは大事ですね。
    紳士的な態度をするべきですね。
    気を付けます。

  • 大好きなタイ王国の入国にあたって、
    頭を悩ませないのは、嫌なものです。

    約1ヶ月後に、空港で入国審査を受けます。
    これまでなにも別に胸に覚えるような悪いことはしていなくて(昨年、一回、電子タバコを持ち込みました)、

    1回に20日程度の期間で、年に何回か、ビザなしで到着時のスタンプのみで、タイ王国に滞在したいという願いがいつまで叶うのか、心配になります。

    明確な入国の可否の基準が公表されればいいなと思わざるを得ません。

    前回、パスポートに押されたスタンプのまわりに、なにかチェックの数字を書き入れられました。ただ、特に口頭説明はありませんでしたので、次回、ただちに入国拒否ということにはならないと信じています。

    不安です。観光客がそう感じるのは、おそらくタイ王国にとっても、いいことではないと思います。

  • お久しぶりです 今回はDonmueangですか ドンムアンのイミグレーションはゆるゆるなのでご心配なく 先日シンガポールから戻った時 混雑してたので空いている中国人専用ゲートに並びましたが 何も言われずに入国できましたよ!
    パタヤでソンクラーンに参戦するなら ソンクラーンシャツを用意した方が良いですよ タイ版のアロハシャツですBIC C や TESCO LOTUSで100THBで販売していますので ソンクラーンの必需品です
    ソンクラーン疲れに気をつけてお楽しみ下さい!

  • >ぐうたらシニアさん
    ノービザの範囲内なら問題ないようにしてほしいですよね。
    ルールは守っているのですんなり入国させてほしいものです。

  • >pumuさん
    はい、今回はドンムアン空港です。
    入国審査が緩いのはありがたいです。
    ソンクラーンシャツは必需品なのですか、知りませんでした。
    ソンクラーンは楽しみです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です