YouTubeのチャンネル登録数の増え方はツイッターのフォロワー数の増え方と理屈が同じかも

YouTubeのチャンネル登録数の増え方でふと思ったこと

最初は需要があるところを投稿しまくることが大事

最近、YouTubeのチャンネル登録数で、おや? と思ったことがあります。

増え方がツイッターと似ているところがあるのです。

※これは完全に僕個人の考察によるものです、本当に正しいのかは分かりません。

僕のYouTubeチャンネルではチャンネル登録数がもう少しで300を超えそうです、まだまだ貧弱です。

ツイッターのフォロワー数は1,300くらいです。

記憶が曖昧ではあるのですが、去年僕が初めてタイで外こもり生活を始めた時は、ツイッターのフォロワー数が500くらいだったと思います。

そこからパタヤで楽しいグダグダ生活をツイートしまくっていたら、フォロワー数が一気に増えました。

1ヶ月で100以上増えたこともありました。

パタヤ効果は絶大だね

 

で、同じことがYouTubeでも起きてるんですよ。

パタヤで撮ってきた動画を投稿しまくっている時は、動画再生数もチャンネル登録数も増え方が大きくなりました。

YouTube動画なんてのは、視聴者の興味のある・ない動画と言うのは動画再生数を見れば一目瞭然です。

パタヤもそうですが、海外の動画は再生数があります。

最近始めた食べ歩きの動画も再生数があります。

やはり、興味のある動画を最初は投稿しまくるというのは大事かもしれません。

自然とチャンネル登録数が増えていきます。

この辺はツイッターのフォロワーの増え方と同じような気がします。

あと必要なのは継続していくことですね、途中でやめるとそれまでですから。

根気よくやらねば

 

スポンサーリンク

1,000を超えると一定数は増え続ける説

あと思ったのが、ツイッターでフォロワー数が1,000超えた辺りから、ツイート数が減っても一定数のフォロワーが増えていくという事実です。

日本では引きこもっている生活をしているので、外こもり生活をしている時よりもツイート数は明らかに少なくなっています。

でも、フォロワー数は増え続けています。

これもYouTubeでも同じことが起きそうな気がしています。

SNSと同じで、一定の数を超えたらチャンネル登録数も増え方が上がってくると推察しています。

その数が500なのか1,000なのかは人によって考えが違うと思いますが、僕は1,000だと思っています。

実際どうなのかは、僕のYouTubeチャンネル登録数が1,000を超えないと分からないところですが。

何をやるにしても最初が大変ですね。

ゼロから始めて増やしていくのは最初が1番大変です。

軌道に乗ってくれば、ある程度の結果は徐々についてくるので。

チャンネル登録数が数万件までいっているYouTubeチャンネルは、1週間で1,000件以上もチャンネル登録数が増えていますからね。

やはりずっと続けている人は結果が出ています、もちろん努力や工夫も必要ですが。

長く続けるコツは趣味として楽しくやることですね。

仕事みたいに「 仕方ないけどやるか~ 」みたいな気持ちでやっていくと途中でやらなくなります。

ブログもYouTubeもそんなに甘い世界じゃないです。

YouTubeでは、僕はいまだに収入が0円ですからね・・・

これからもしばらくはYouTubeは無給だ\(^o^)/

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です