本当に僕はパタヤで命を終えてもいいと思ってきた。ガチで

もう自分の死に場所はパタヤでいいかな

パタヤでの生活は心にゆとりができる

タイから帰国して1日が経ちました。

2日前まではパタヤにいたという事実。

そして、今は日本にいるという事実。

このギャップはキツイ・・・

 

辛いですが、これが大事なことなのです。

こういう状況になれば、またタイへ行きたい、パタヤへ行きたいという気持ちになります。

何というか、またパタヤへ行くためにハングリー精神で日本でもがんばるという意気込みを持つことができます。

僕は誰も助けてくれないフリーランスという立場です。

自分一人で稼いでいかねばなりません。

やるべきことはある程度は明確になっているので、それをどれだけ一生懸命やるかです。

その一生懸命やる部分がパタヤのおかげでがんばれそうです。

何とか稼いでまたパタヤへ行くという目標ができます。

日本での生活はそんな感じです。

さて、つい最近までやっていたパタヤでの生活はどうかというと。

ま~楽しいの一言でしたね。

さらに、ただ楽しんでいるだけではなく、フリーランスとしての仕事もしっかりとこなしているんですな。

外に出てビーチロードを散歩したり、屋台で食事をしたり、マッサージを受けたりして、そのことをブログ記事に書いたり、動画に撮ったりしていました。

つまり、パタヤではやることやることがフリーランスとしての仕事になっていたのです。

好き勝手な生活してても、そのついでで仕事もできるというこの素晴らしさ。

言うことないね

 

そして、パタヤのあのゆるい雰囲気の街並み。

何もかもが外こもり生活にピッタリです。

 

スポンサーリンク

パタヤで寿命を終えられたら本望

パタヤで外こもり生活をすればするほど、あんないい街はないなぁという気持ちが強くなりますね。

毎回同じような生活しかしていないのに、この気持ちは強くなる一方です。

パタヤでは外出しても出費額が少ないというのもメリットです。

どこに宿泊するかにもよりますが、基本的に移動は徒歩のみで全てが解決します。

ちょっと徒歩では厳しいとなればソンテウを利用すればいいのです、料金は1回10バーツ( 約35円 )と激安です。

そんだけです。

外出すればお金を使うことになりますが、パタヤならあらゆることが安く済ませることができます。

そして、僕の場合はパタヤで散歩しているだけでも気分がリフレッシュします。

ビーチでまったりしてても気分はいいし、バービアで飲んでいる時も気分が晴れるし、何をしてもパタヤは僕の心を癒してくれます。

そんなパタヤで寿命を終えるのは最高だなぁと思うようになってきましたね。

今回の外こもりも毎日が楽しかったです。

パタヤは5回目の滞在でしたが、飽きるようなことはまったくなかったですね。

さすがにこの辺で、「 おそらく 」から「 間違いなく 」に変わりました。

僕は間違いなくパタヤの街で過ごす生活が合っています。

相性抜群です。

もうパタヤで人生を終えたいとすら思っていますからね。

今後もパタヤには定期的に行き続けます。

2~3年くらいではなく、10年、20年と行き続けたいですね。

そして、願わくば命を終える時はパタヤで、という気持ちも芽生えてきました。

これからも僕はパタヤを愛し続けるでしょう。

パタヤで寿命を終えたいなら、永住するの? ビザを取得するの? 日本での生活はどうするの?

このような問題が色々と出てきますが。

違います、違うんです。

そんなことよりもまず大事なのは気持ちです。

これがないと何も始まりません。

I Love パタヤ

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

22 件のコメント

  • パタヤ旅行記を楽しく読ませて頂きました。
    のんびり屋さんは本当にパタヤが大好きなんですねw
    ボクも世間の喧騒を逃れてパタヤに行きたいです。
    そしてセミリタイアラーの方と乾杯するのが夢です。

  • >八百祢さん
    ありがとうございます。
    僕はパタヤが大好きです。
    八百祢さんもいつかパタヤに行ってみてください、楽しいところですよ。
    そして、パタヤで乾杯しましょ~

  • お帰りなさい。

    新たな人生の目標を持たれましたね。おめでとうございます。
    決まったからには達成目指して頑張って下さい。
    まずは安定収入の確保です。そしてひたすら貯金。お金は裏切りません。

    ではまた。

  • 私は今パタヤにいてそれなりに楽しんでいます。でもいずれは飽きると思っています。人間いつかは飽きる。それが50年生きてきて感じる結論です。まあ人の考えはそれぞれですが、あまり思い込まずもう少しのんびり考えたほうがいいんじゃないかな。
    話は変わって今日パタヤの両替屋のレートが0.26代に突入しました。恐ろしや…

  • お疲れ様です✋
    私も同じ感覚です。このパタヤの魅力って何なんでしょうね?
    娘が目当ての人が大半かもしれませんが自分はゴーゴーに行かなくてもパタヤで過ごせます出来だけ早いパタヤに行ける様に自分も頑張ります

  • パタヤにはまって自殺した人もいるくらい魅力的なところです。のんびり屋さんは大丈夫だと思いますが、へんなハマりかたをすると危ないので きよつけくださいね。話は変わりますがスクート エアアジアと比べてどちらがオススメでしょうか?自分も一度LCCを利用しようと思っていますがドムアンがやはりダメですね…パタヤだけなので…

  • >SABUさん
    帰ってきました。
    色々と新たな人生が決まってきました。
    そのためにも資金の確保は必須ですね。

  • >よっちゃんさん
    今パタヤにいるとは羨ましい限りです。
    飽きない程度にパタヤを行ったり来たりしたいですね。

  • >ブン太さん
    パタヤの魅力は計り知れませんね。
    まったり過ごせるパタヤライフを楽しむのがいいですね。

  • >マッスルダンサーMさん
    パタヤの魅力は言葉では言い表せませんね。
    スクートは荷物制限が10kgなのに対してエアアジアは7kgという違いくらいでしょうか。
    到着時間とかを考慮するとどちらが良いかというのは正確には分かりません。
    ドンムアン空港着というのがネックですよね。

  • 僕と貴殿は同じ気持ちだと思います。
    似た者同士なのかな。

    僕のブログでの貯金計画は一度はパタヤに生活の主体を置いてみたいと思ったからです(ずっとパタヤにいたいというのは別だけど)。

    お互いの気持ちが実現することを楽しみにしています( ^∀^)

  • お疲れ様でした
    パタヤは何度もリピートすると最初はゴーゴーバーにいくけど
    明らかに割高な遊びにしか思えなくて、バービアやソイハニーで遊ぶようになりました。
    アンチには分からないだろうけど、だらだら過ごすだけでも楽しい場所ですよね

  • おかえりなさい。のんびり屋さん
    タイから戻った時の虚無感わかりますよ。私も次の日ぐらいには近くのタイ料理屋さんに行くのですが、もちろん値段は見ないようにして、だけど妙にスプーンの使い方がじょうずみたいでタイからきた店員さんと目が会って微笑んでしまいます。
    ほんとうにパタヤのブログ楽しく読まさせていただきありがとうございました。早く行ける日が来るといいですネ。

  • >さねゆきさん
    帰ってきました~
    タイから戻った時の気持ちの落ち込みはいつものことです。
    日本にもタイ料理屋はありますからね、僕もどっかで行こうと思います。
    早くパタヤへ戻りたいです。

  • パタヤのgo goて出会った彼女とようやく日本とタイの両国で婚姻手続きをして、日本の入国管理局に申請する在留資格申請書の作成が終わりほっとしてます。業者に依頼すると10万円以上ですが全て自分でやりました パタヤで遊んでいて良かったです 人生 何が有るかわかりませんね❗ のんびり屋さんのパタヤ移住の実現をお祈り申し上げます

  • のんびり屋さん、こんばんは~!(^^)!
    ちょっとパタヤに熱上げすぎですね。あんまり現実離れしてるとうつ病になっちゃいますよ( `ー´)ノ
    今回のパタヤでは、借金してるにも関わらず、その反動でしょうけど、お金の使いすぎのように思います(/_;) ただ、金銭的に厳しい状態になったここからが、のんびり屋さんの本領発揮です。
    「のんびり屋さんのように生きたい」と思う人、多いでしょうけど、自分が年をとっていったときに、金銭的には、どれだけの準備ができてるのかは重要です。いつまでも今まで通りのパフォーマンスはできませんから…。今だけ楽しいでは、厳しい現実が待っているように思います。
    早めに20年計画とか、資産計画を立てて、自分の将来に見通しをたてることをお勧めしますよ(‘ω’)ノ

  • >Ritaiyajiijiさん
    こんばんは~
    そうですね、ここらが僕の人生で頑張るべき時期かもしれませんね。
    がんばります。
    20年計画ですか、早いうちにやっておくべきですね。

  • いい記事だ
    のんびり屋さんの心が表れているようですね
    ここまで依存するパタヤに俺も行ってみようと思います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です