給与 2017年7月

スポンサーリンク

給与

25日は給料日でした。

今年中に退職する予定なので定期的に支給される給料をもらうのもあとわずかです。

退職日が正式に決まっていないのであと何回もらえるのかは分かりません。

この辺が僕にとっては不安ですね。

不安というは給料をもらえる回数ではなく、退職日が決まらないということです。

気が気じゃないですよ、本当に。

 

あと、皆さま。

退職についてのアドバイスを色んな方から頂いています、本当にありがとうございます。

分からないことだらけだったので大助かりです。

 

手取り

手取り額は221,832円でした。

ついに夜勤手当が支給されました~~!! その分、手取りが先月より増えています。

のんびり屋「 ニョホホ~~~

夜勤手当が支給されてこの額ですからね、33歳のサラリーマンとしてはどうなんですかね。

以前、記事にも書きましたが夜勤をすると間違いなく寿命が縮みます。

日勤と夜勤が入り混じるシフト勤務生活は生活リズムが崩れまくりです。

人間とは日が昇っている時に活動して日が沈んだ時に眠る生き物です。

つまり、夜勤はその逆をしろって言っているのですよ。あり得ます?!

めっちゃ大変でっせ、夜勤って。

夜勤はやらないに越したことはありません。

今年中に何とか退職できそうですが、今までのシフト勤務のせいで一体どれだけの寿命が縮んでしまったのか・・・考えるだけで恐ろしいです・・・

 

 

スポンサーリンク


 

最近の職場の雰囲気

上司との退職についての面談後ですが、職場はもう完全に僕が退職するということを全員が把握しています。

「 上司との面談が終了。退職に向けて大幅前進

僕の交代要員を探すために今のプロジェクトを取り仕切っている社員と面談した上司が調整する中で徐々に職場に話が流れていったようです。

周りの僕への接し方は特に変わった様子はありません。

もともと知っている人もいましたが、知らない人からも「 退職しちゃうんですか? 」と聞かれるようになりました。

嫌みを言ってくるような人はいません。

そういった意味ではなかなかいい職場ですね。

職場全員が僕が退職することを知っているということは、僕の退職はほぼ確定ですね。

あとはやはり退職日がいつになるかです。

一番肝心なところですね。

おそらくこれからも退職に向けて上司との面談が何度かあるはずなので、次の面談時に退職日がいつになるのか聞いてみます。

過去記事のコメントのアドバイスにもありますが、明確な退職日を提示されなかったら退職届をドンっと叩きつけようと思います。もう待ったなしです。

のんびり屋「 会社の幹部共、控えおろう!! この退職届が目に入らんか~~~!! 」


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です