真面目に僕の人生を終える場所はパタヤでもいいかな~と思うようになった

パタヤで寿命を迎えるは理想の人生の終わらせ方だな

どこで生涯を終えるのが良いか考えてみた

ずいぶん先のこと考えてしました。

寿命を迎えるならどこがいいか? なんてことを考えちゃいました。

そう考えた時に真っ先に浮かんだ場所はパタヤでした。

人生を終えるなんて相当先の話ですけどね。

日本人の場合、基本的に寿命を迎える場所は「 自宅 」か「 病院 」か「 高齢者用の福祉施設 」のどれかだと思います。

面倒をみてくれる家族がいるなら自宅で生涯を終えても大丈夫ですね。

でも、僕のようにもう結婚はしないと決めているような人間は孤独死が確定します。

高齢になった時に面倒をみてくれる家族がいませんからね。

僕みたいな人間は自宅で生涯を終えるとちょいと面倒なことになりますね、発見が1ヶ月とか遅れるとその後の対応で自治体に迷惑をかけることになります。

僕の場合だと最後の場所は高齢者用の福祉施設が妥当になってくるのですかね。

病気にかかっていれば病院で生涯を終えることになります、これだけは避けたいですね。

自由のない生活は苦痛なだけです、年をとっても元気なままでいたいです。

ただ、人生の最後くらいは自分の1番好きなところにいたいなぁというのが正直なところです。

やはりパタヤですな~

 

人生を終える場所くらい自分で選びたいなぁ

僕自身が年を取ったときにどんな状況になっているのかなんてことは分かりません。

そんなことは神様しか分かりません。

どうなっているのかは分かりませんが、自分がどこで人生を終えるのかくらいは自分で決めたいですね。

自分の死に場所を自分で決めたって問題はないかと、むしろ周りからああだこうだ言われる筋合いはないです。

ただし、パタヤで人生を終える場合は老衰死が必須ですね。

病院に入院しなければいけない状況だったら、そもそもタイへ行くことができません。

年を取れば取るほど体は衰えていきます、タイに行くこと自体、めちゃくちゃ体に負担がかかることは間違いないでしょう。

分の体を大事にするということをおろそかにしてはダメですね。

 

パタヤを選んだ理由

生涯を終える場所をパタヤがいいなぁと思ったのは、単純にパタヤの街が好きだからですね。

ハッキリ言いいますが、パタヤは僕の生まれ故郷よりも好きかもしれません。

今年は合計で約3ヶ月間もパタヤで生活をしました。

この3ヶ月は、まぁ楽しかったです。

パタヤにいる時ほど気持ちがリラックスできるところはないですね。

な~んにもしなくても心が落ち着きます。

とても居心地のいいところです、自然とここで人生を終えてもいいかぁと思ってしまうわけですよ。

あ~、パタヤに戻りて~

 

スポンサーリンク

パタヤで人生を終えるのは現実的には難しい

本当にパタヤで人生を終えることができるのか? というところは難しい話です。

まず、高齢の時にパタヤで生活をしていなければいけませんからね。

しかも数ヶ月の長期滞在が必要です。

そうなると、リタイアメントビザもしくはタイランドエリート会員の取得が必須になってきます。

しかし、調べてみるとこの取得条件は底辺人間の僕にはハードルが高すぎます・・・

さすがに無理だんべ・・・

 

年を取ればとるほど、日本の医療・保険は魅力的なので住所を海外にして住民票を抜くということはしません。

あくまでも僕はずっと日本人でいます。

さらに60歳を過ぎてから僕の収入がどうなっているのかも分かりません。

LCCの格安でも海外に行けないほど生活が苦しくなっているかもしれません。

今からパタヤで生涯を終えたいと言っていること自体がただ理想論です。

人生って難しいですな~

 

もっと言うと、人生をパタヤで終えるなんてことはタイからすればやめてほしいと思っているでしょうね。

死ぬときだけこっちに来るのかよ!! って思うはずです。

その通りだと思いますね、本当に冗談じゃないでしょうね。

仮にパタヤで人生を終えた後のことを考えると、僕の後処理で相当タイに迷惑をかけることになりますね。

は~・・・

色んなことを考えれば考えるほど、パタヤで人生を終えることがいかに難しいかが分かってきました。

そんな先のことばかり考えていないで、直近のことに集中した方がいいですね。

とりあえず来年も定期的にパタヤで外こもり生活をしよう

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

6 件のコメント

  • いつまでもパタヤに行き続けられるように体を鍛えて健康管理をしておきましょう。
    ダメですよ、ラーメンばっかり食ってちゃw
    糖尿病や高血圧症で50代くらいでもう飛行機乗れなくなっちゃいます。

    僕は今から頑張って60代での旅行三昧人生を模索しておきます。

  • お久しぶりです! のんびり屋さんのパタヤ愛凄いですね 今回も楽しく過ごせたようで良かったです。私は現在バンコクを離れシンガポールに在住しています。 妻がシンガポール企業に勤務していて10月からシンガポールオフィスに転勤になり 同行してシンガポール生活になってしまいました 妻の扶養家族なので拒否権がありません555
    バンコクほど面白くはありませんが スマートシティだけあって全てに快適です 今日からカンボジアのポイペトというカジノタウンに来ています 数日カジノで遊んでからバンコク経由で日本に一時帰国の予定です
    暫くバンコクに居たかったのですが 選挙が近いのでトラブルを避けるために 寒い日本でスノーボードを楽しむ事にしました
    のんびり屋さんの次回外こもりは3月位ですか? 2月の24日が選挙なのでそれ以降が安全かと思います!
    次回も楽しんで下さい!

  • >招き猫の右手さん
    体を鍛えないとダメですね、健康管理は大事です。
    ラーメン二郎へはついつい行ってしまうので気を付けたいです。
    60代になってもタイへは行きたいですね。

  • >pumuさん
    今回もパタヤの外こもり生活は楽しかったですね。
    pumuさんは現在はシンガポールにいるのですね、あそこは物価が高いですよね。
    快適なら何よりです。
    奥さんの扶養家族だと拒否権がないのは仕方ないですね。
    タイって選挙が近いとトラブルが増えるんですか?
    そのあたりは避けた方がいいですね。
    次回も楽しみます!!

  • 自らの終焉の場所を今から考えておくこと、必要でしょうね。年齢に関係なく。石橋エイタローという芸能人がパタヤ好きで別荘建てて其処で亡くなりました。幸せな最後ですね。キチンと計画的、上手く行くでしょう。

  • >farang barさん
    石橋エイタローという芸能人はすごいですね。
    まさかパタヤに別荘を建ててそこで人生を終えるとは。
    パタヤが大好きなら本望だったと思いますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です