高校の同級生が新築のマイホームを買って幸せそうだった。でも、僕は真逆の気持ちになった

自由がどんどん奪われる幸せ

友人の新築マイホームを見学

先日、高校の同級生が新築のマイホームを買ったという連絡がありました。

仲の良い友人だったので向こうから見に来ないかというお誘いまで来ました。

せっかくだったので見学しに行きました。

お~~、立派な家だ

 

新築は現状の最新の建築技術で作られているので驚くようなところもありましたね、何よりキレイで立派な家でした。

新築のマイホームには子供部屋もありました。

まだ友人夫婦に子供はいませんが、いずれは子供も作りたいとのことでした、しかも子供は2人はほしいと言っていました。

結婚して→子供を作り→マイホームを買う、まさに日本人の王道の人生ですね。

友人は自分でマイホームを買ったという事実にとても満足して誇らしげでした、これからがんばるぞと活気に溢れていましたね。

世間一般的な幸せというのはこういうことなのだと思いますが、僕の心の中では到底賛同できませんでした。

こういう幸せな話に抵抗を感じている時点で僕はもう世間的に言う普通の人間ではないというのは実感できますね。

友人はこれから20年以上も住宅ローンを払い続けることになります。

さらに子供も作れば成人するまでの間に1人2,0003,000円の教育費が必要になってきます、子供を2人作れば4,000万6,000万円の教育費が必要ということです。

僕の視点から言えば、これからの人生が拘束されるようなものです。

幸せの価値観というのは人それぞれ全然違うんだなぁと改めて思いましたね。

向こうから見れば、無職の僕のことを心の中では悲観しているかもしれないね、こっちは幸せなんだけど

 

スポンサーリンク

幸せの中でも僕は自由度が高い方がよい

マイホームを買った友人は幸せそのものでした。

これからいい家庭を築いていこうとがんばる姿勢がすごい見えました、見ていて素晴らしかったですね。

根拠はありませんが、あの友人はどんな困難なことが起きても乗り越えて成功させていくでしょう。

モチベーションというのは大事ですからね。

この友人を少しは見習わないといけないですね、何たって去年の僕は逃げることに必死でしたから。

仕事は嫌で仕方なかったし、さらに職場の人間関係でメンタルが病み、逃げるように退職しました。

退職後は転職活動もせず無職生活を満喫、貯金も少ないのに今年に入って約1ヶ月間、タイに外こもり生活をしました。

しかも2回もです、さらに今年中に3回目の外こもりもしようと計画しています。

たぶんというか間違いなく今年中に3回目のタイに行くだろうな

 

友人と僕のこれからの人生は全く違う歩み方になるのは間違いないです。

でも、1つだけ共通してことがあります、それは自分でその道を選び幸せに生きていこうと考えていることです。

ちなみにどちらの道にもリスクはたくさん存在します。

友人の人生では会社の倒産やリストラ、職場でのストレスで退職したりすれば収入は激減して住宅ローンの支払いが難しくなったりします。

家族関係だってずっと良好とも限りません。

ないとは思いますが、離婚危機や子供の教育課程で問題が起きたりと考えれば考えるほど今後の人生は前途多難です。

僕の人生だってリスクだらけです、何たって無職ですからね。

クズの中では最強の肩書ですよ。

やること全てを自分の責任でやらなければいけません、さらに組織として行動しているのではなく個人で行動しているので誰も助けてはくれません。

でも、色んな自由が束縛される幸せよりも自分で全てを決めて生きていける自由の方が僕にとっては幸せです。

サラリーマンの社畜時代を思い返すと、どう考えても今の方が幸せですね。まぁ当たり前なんですが。

社畜と無職、この両方を経験するとどっちがマシなのかが分かると思います。

生きていく上では自由度は高い方がいいですね。

今年中にまたパタヤに行ってグダグダしてこよ~っと

スポンサーリンク


21 件のコメント

  • のんびり屋さん
    こんにちはSABUと申します。書き込み2回目です。

    のんびり屋さんの言う通り幸せの感じ方は人それぞれです。これは本人でないと分かりません。
    のんびり屋さんにとって人生で1番良い時だと思いますので、信念を曲げずに充実した日々をお過ごし下さい。
    ただ決して後悔しない事です。時が経っても自分が出した決断は最高の選択だったと思う事です。

    私は50歳で早期リタイヤして3年経過しようとしてますが、毎日楽しいですよ。
    今は趣味に没頭してます。
    タイは30回位行ってますが、残念ながら地獄に落ちる事をしております。それはそれでとっても楽しいものです。

    パタヤもいいですが、イサーンを1週間ほど回ったらどうですか。
    また違ったタイを発見できると思います。
    ビールを飲みながら、美味しいイサーン料理を食するのもいいもんです。

    では。

    追伸
    『すきなことだけでいきてゆく』を読んでみます。

  • >SABUさん
    こんにちは。
    幸せの感じ方は人それぞれだとつくづく思いましたね。
    ありがとうございます、これからも信念を曲げずに生きていきます(^ ^)
    後悔だけはしたくないですからね。
    SABUさんも充実した毎日が遅れているようで何よりです、やはり人生は楽しまないとダメですよね。
    30回もタイに行っているとはすごいですね、羨ましいです。
    イサーンに行って違ったタイを見るのもいいですが、しばらく僕はパタヤにハマると思います。
    「好きなことだけで生きていく」は僕としてはかなり参考になりました。

  • 災害だらけの日本で高額の長期ローンを組んで 住宅や車を買うこと自体リスク以外の何者でもないように感じます!
    のんびり屋さんは現在ゲームユーチューバーの道に入り 成功する事を目標にされていると思います これは世界的には非常に評価される事ですよ 世界中の子供たちの憧れの職業ですから!
    日本で奴隷のように何十年も働かされる人たちより ラッキーな人生だと思います!

  • こんばんわ!
    リタイア4年半の自分から勝手にアドバイスしますと、無職生活が長くなってくると、自由すぎる環境というのに飽きがでてきます。
    人間というのは不思議なもので、あるいは社会的動物とはよく言ったもので、適度にストレスがかかる状況が一番快適だと思うようです。
    なので、なにか日課があると、毎日の生活に張りが出てリタイア生活をより快適に過ごせますよ。
    自分は健康のために、朝40分の散歩とジム通いを日課にしています。
    なにかこなさねばならない義務が毎日あると、日課をこなした後すがすがしい気分になり、残りの自由時間を幸福感をもって過ごせます。
    のんびり屋さんの場合は、ユーチューブの作成など経済活動をするのが日課になるのかな。
    あと、毎日運動も忘れずに。

  • いやあ、ご友人 凄いですね。
    大きな買い物されましたね。
    勇気があります。

    僕は 賃貸が気楽です。

    ヤバくなったら、逃げれますしね。

  • 追伸
    自分が予測するに、お金に困っているけど自由時間ばかりある生活というのは精神的に結構辛いと思います。
    のんびり屋さんが上手く経済的自由を獲とくできれば良いですが、それがちょっと心配です。
    金銭的に行き詰ったら、あまり悩まず働きに出てくださいね。
    余計なお世話ですが。

    あと、自分も女好きなんでタイの地獄に落ちること、一度は体験してみたいですね。
    もっとも、自分はパートナー(お互い結婚願望はないけど、一生パートナーでいようと約束している女性)がいますから、なかなかいけないですし、それにコミュニケーションが十分に取れない女遊びというのは自分はすぐ飽きる気がいたしますがw

  • >pumuさん
    災害はどうしようもないですよね、困ったものです。
    そうですね、僕はゲームユーチューバーの道にちゃっかり入ってがんばろうとしています(^ ^)
    これで多少収入がもらえるならうれしいですね。
    何とか成功できるようにがんばります!

  • >のりまきさん
    確かに自由すぎる期間が長いと飽きるかもしれませんね。
    何かしらやらなければならない義務的なものを作るのはいいことですね。
    僕の場合ならブログとYouTubeですかね、何とか毎日できていますので。
    貯金がなくなりかけたら迷わずまた働きます、それでも今の生き方をベースにはしたいですね。
    一度タイにハマるのはオススメです、結構楽しいですよ。

  • >ヨシさん
    マイホームを買う勇気はすごいと思いますね。
    僕も賃貸派ですね、できるだけ安い家賃に住めば生涯的な支出も減りますからね。

  • 今バンコクにいまーす(^^)
    スコールがすごい日もあるので
    大変ですが。
    滞在8日目☆毎日楽しいです*
    週末はホアヒンに行きます☆
    もちろんパタヤにも行きますよ(*^^*)

  • みんな違ってみんないい by みすず

    幸せは人それぞれなので、お互いに何となく受け入れればいいのかなと思っています。のんびり屋さんが感じた抵抗感も、もう少し歳をとればらなくなるでしょう(良い意味で他人事になるので、とても遠く感じます)

    のんびり屋さんの幸せも時間や環境と共に変わる事もあるでしょうし、リスクもまた変化していきます。難しいけど、上手く乗り越えていきたいですね。

  • >ウサハナさん
    今バンコクですか、羨ましいです。
    スコールも懐かしいです、タイって感じがしますね。
    楽しんでください。
    僕も早くまたパタヤに戻りたいです(> <)

  • >らいらさん
    いい名言ですね。
    確かに僕も時間や環境の変化で幸せの価値観が変わってくるでしょうね。
    その時、その時を幸せに生きていきたいです。

  • 賃貸がいいか購入が良いかは必ず論争になりますが、条件設定でいくらでも変わるので意味はないですね。
    自分がいいと思った方をすればいいと思います。
    僕は放浪派、リスク軽減派なので断然賃貸派ですが。

    その後友人、もし子供が出来なかったら、、とは考えなかったんでしょうかね。
    僕ら夫婦がそうだったんですけど、いざ子供作ろうっていってもなかなか出来ないこともありますからね。
    二人分の子供部屋用意してそれが結果的に必要無かった、、てこともありえるわけですよ。
    家買うのってそれだけリスクがあるわけです。
    また首尾よく子供が二人できたとしても、この二人が成人して家を出たあとも、その大きな家に大きな維持費をかけながら夫婦二人で住むわけですからね。
    賃貸だったら子供成人したあとはとっとと1部屋少ない家に引っ越せばいいわけです。
    ほんとマイホームは重たいです、自分には。

  • >招き猫の右手さん
    僕も放浪派なので賃貸の方がいいですね。
    マイホームを買うのはかなりのリスクがありますからね。
    子供ができたらもっと大変ですからね、友人には頑張ってほしいです。

  • 地方に住んでると、結婚して子供もいたら、
    いつまでも賃貸なんかでいたら変な家庭ですよ。

    賃貸派とかそういう問題じゃ無く選択肢は持ち家しかない。

  • 十人十色、人生色々…他人と比較して幸せを測る事は、できないし、するべきではないと思う。
    今、自分の置かれてる環境に満足し感謝出来る事が 細やかながら幸せなのではないでしょうか。
    私は毎日 美味しい物が食べれたら満足だし、幸せで~す(笑)
    あぁ〜早くタイに行きたいヽ(^。^)ノ

  • >kumiマイペンライさん
    幸せは人それぞれ違いますからね、比較するのはおかしいですね。
    自分が幸せならそれでいいのです。
    僕の幸せはパタヤで外こもり生活をしている時ですね、僕も早くまたパタヤに戻りたいです(> <)

  • はじめまして。僕の方が少しだけ歳下ですがほぼ同世代です。
    僕もパタヤが好きで合計20回以上は行きました。
    パタヤだけで1ヶ月滞在も何度もしてました。10代20代前半のお金は全部タイに使ってました。
    それぐらいパタヤが大好きです。

    そんな僕も今は家庭を持ち、家を買い、今は真面目に仕事をしてます。のんびり屋さんの友達と同じですね。

    昔みたいに長い時間は行けませんが今でもパタヤに年3回位は行ってます。
    昔より遥かにお金はあるのですが自由が全然ありません。
    でも全く後悔はしてません。

    僕の中の結論はパタヤはお金を使う場所、パタヤで惨めな思いをするぐらいなら日本に居よう。

    今の時代コスパとかを気にしすぎてると僕は思います。

    これは僕の考えです。

    考えは人それぞれ、のんびり屋さんも後悔しても納得出来るような人生になるように願ってます。

    ブログ読みやすくて好きです。

  • >Soi10さん
    初めまして。
    20回以上もパタヤに行ったことがあるとはすごいですね。
    僕もこれから何度もパタヤに行きます。
    Soi10さんは立派なサラリーマンですね、自由がないというのは分かります。
    僕は僕なりのスタイルでパタヤを楽しみます。
    ブログを褒めてくれてありがとうございます。
    このブログは自分の好き勝手に書いています、これからも是非見に来てください(^ ^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です