パタヤのソイブッカオで49バーツの激安のオムレツを食べる。そして、屋台でぼったくられる・・・

ソイブッカオはやたらと物価が安い

ソイブッカオで安いレストランを見つけた

晴天のパタヤ。

11時頃に目覚めて、身支度をして外に出ました。

まずは昼ごはんを食べようと思いました。

昼ごはんはソイブッカオで食べようと決めました。

ソイブッカオまで歩きます。

この道はセカンドロードとソイブッカオの間にあるソイ9です。( 言い方がソイ9で正しいのか不明です・・・ )

100バーツ( 約350円 )のビーサンが売ってました。

安いんですかね?

相場が分からん・・・

 

ソイの路地にはこんな感じの移動式屋台がたくさんあります。

持ち帰り用に袋に詰めてあるものもあります。

持ち帰り用は買ったことがないので、どこかで買ってみたいと思います。

小さいバービアでファランがまったりしています。

いい光景ですね。

このまったり感がたまらんね

 

さらに路地を歩きます。

雑貨屋を発見しました。

食堂らしきところを見つけました。

大きな鍋がたくさんありましたね、すげー興味があったのですが、今日はソイブッカオで食事をしようと思ったのでスルーしました。

ソイブッカオに近づくにつれて小さいバービアがたくさん出現しました。

ソイブッカオ側に近いところまで行くと、大きいバービア街がありました。

まだどこもオープンしてないですね。

この辺は夜になると、とても賑やかになります。

屋台も全部クローズしてましたね。

ソイブッカオに出ました。

ツイッターのフォロアーさんからオススメのレストランを教えてもらったので、そこに行くことにしました。

それがここです。

「 Chunky Monkey 」というレストランです。

フォロワーさんの話では、ここはセイラーバー・レストラン並みに値段が安いようです。

興味ありまくりでしたね、さっそく店内に入りました。

店内は広かったです。

そして、客はファランだらけ。

この店は当たりですね、ファランの多い店にハズレはありませんので。

メニュー表を見ます。

表紙からすごいことが書かれていますね。

なんと、ステーキが99バーツ( 約350円 )で食べられるそうです。

これは安い

 

確かに、セイラーバー・レストランレベルだ

 

他のメニューを見てみると、

どのメニューも明らかに安かったです。

あまりの安さに感激しちゃいました。

ここはセイラーバー・レストランの姉妹店か?

 

激安のオムレツを食べる

何を食べようかメニュー表を見て探していると、安い料理の中でも桁外れに安い料理がありました。

5番のラージオムレツです。

値段はなんとたったの49バーツ( 約171円 )です。

どんだけ安いねん!!

 

これは食うしかないと、オムレツを注文しました。

そして、待っているとオムレツが運ばれてきました。

でかーい!!

 

予想以上の大きさでしたね。

さすが、メニューにラージが付くだけのことはあります。

厚みもけっこうあります。

ケチャップは無料で使えます。

ケチャップを掛けまして、いただきます。

( ちょっとケチャップをかけすぎてしまいました・・・ )

シンプルなオムレツでした、美味しかったです。

朝ごはんや昼ごはんにはちょうどいいかもしれませんね。

何より、安い!!

たったの49バーツ( 約171円 )ですからね。

完食して会計を済ませて店を出ようとしたら、とあるメニュー表が目に入りました。

なんと朝食メニューがありました。

時間は7時30分から10時までの2時間半です。

メニューによってはセイラーバー・レストランの70バーツの朝食メニューより安いです。

59バーツ( 約206円 )なんて朝食メニューがありますからね。

これは食べてみたい

 

僕はいつも10時過ぎに起床しているので、それでは間に合いません。

早起きする必要があります。

ちょうどよかったです。

これを機に完全な朝型スタイルに戻せます。

ということで、後日ここの朝食メニューを食べてみたいと思います。

楽しみや~

 

バナナマッサージへ

次は何度も言っている「 バナナマッサージ 」へ行くことにしました。

ソイブッカオを歩きます。

ソイブッカオにも色んな屋台が出ています。

ソイブッカオにもソンテウは走っているのですが、ソンテウには乗らずに歩いて行きました。

ソイブッカオのこのギュウギュウ感がまたいいんですよね。

バービアではすでにファラン達がビールを飲みながらまったりしていました。

自由な感じがしていいですな~

前から気になっていたのですが、この真っ白なレストランが美味しそうなんですよね。

ただ、ちょっと高いから入る勇気が・・・

さらにソイブッカオを北側に進みます。

ソイブッカオの端っこの方に来ました。

この辺は100バーツ( 約350円 )の安いマッサージ屋が密集しています。

その密集地帯にお目当てのバナナマッサージがあるのです。

紫色の店がバナナマッサージです。

懐かしいね~

 

3か月ぶりですが、何度も来ているので、僕のことを覚えてくれていた店員さんがいました。

うれしかったですね。

店内に入り、まずは足を洗ってもらいます。

その後は空いている席に寝そべってマッサージ開始です。

相変わらずの人気店ですね、稼働率は8割を超えていました。

次々とお客さんがやってきていました。

僕はいつものフットマッサージをお願いしました。

あ~気持ちええ~

 

みっちりとマッサージをしてもらいました。

フットマッサージですが、肩や腕のマッサージもしてくれます。

フリーWifiもあります、店内にIDとパスワードが書かれた張り紙があります。

目が悪くて見えなければ、店員に言えば繋げてもらえます。

マッサージ後は紅茶とバナナのサービスです。

これがうれしいんですよね。

ちなみに張り紙に書かれていますが、フットマッサージ料金の100バーツ( 約350円 )以外に、マッサージをしてくれた人に対して50バーツ( 約175円 )以上のチップを払う必要があります。

バナナと紅茶のサービスまであるんですから、チップ50バーツなんて安いもんですよ。

ちなみに細かい札がなければ1,000札を両替してくれます。

僕はいつも細かい札があっても1,000バーツ札を両替してもらっています。

タイミングによっては財布の中に細かい札が入っていない時があるので。

マッサージを終えたら、セントラルロードを歩いてビーチロードに向かいました。

マッサージのおかげで体中の調子が良くなりましたね。

歩きまくっているので、フットマッサージは欠かせませんね。

今パタヤでは、こんな感じで大通りの工事が色んな所で行われています。

何をしているんですかね?

 

突然のスコール

ビーチロードに到着しました。

到着したと言っても、何か目的があってきたわけではありません。

今までソイブッカオにいたからビーチロードに行ってみるか程度の考えです。

ノープラン、ノープラン

 

ビーチロードを歩いていたら、何やら雲行きが怪しくなってきました。

僕もそれなりにパタヤで経験を積んできました。

その経験が察しましたね。

この雲は絶対に雨が降る

スコールが来ると予測したので、しばらくセントラルフェスティバル内で休憩することにしました。

とりあえず、ここに行きました。

地下にあるバーガーキングです。

バーガーキングのハンバーガーは高いですなぁ・・・

しかし、そんなバーガーキングにも激安なメニューはちゃんとあるのです。

それがこちらです。

お馴染みのサンデー・チョコレート、19バーツ( 約66円 )です。

これなしにバーガーキングは語れないね

 

しばらくバーガーキングで休憩して外に出てみると、

やはりスコールが発生していました。

ホッホッホ、予想的中~

 

そして、スコールはすぐに止むことがほとんどなので、そのまま店内で待っていました。

10分くらい経ったら、

あっという間に晴れてました。

多少のスコールでもビーチロードは雨水で溢れてしまっていました。

やはりこの辺の整備が不十分ですね。

冠水レベルまではいっていないので、たまっている雨水はきれいに見えました。

冠水している時の水はすごい色をしていましたからね。

雨水がきれいに見えてしまうとは・・・

 

この辺で宿泊ホテルに戻りました。

 

夜はまたソイブッカオへ

ホテルでブログ記事を書き終えたら、夕飯を食べに外に出ました。

そして、またソイブッカオに来てしまいました。

というのも、またあのぶっかけご飯が食べたくなってしまいまして。

やはり、夜のソイブッカオはにぎやかですな~

色んなバービアがすでに盛り上がっていました。

ここ美味しそうだな~

 

行ってみたい店がまだまだ山ほどありますな。

そして、フードコートある夜市に到着しました。

たくさんの客が食事していました。

今回はこの前とは別のぶっかけご飯の店で注文しようと思いました。

ここのフードコートにはぶっかけご飯の店が2つあります。

ここです。

ここの店はおかず2品からです、1品だけは不可です。

2品なら40バーツ( 約140円 )、3品なら50バーツ( 約175円 )です。

たくさんのおかずがあります。

どれも美味しそうなのですが、辛いのはやめよう思い、辛そうもないおかずを選びました。

僕が選んだおかず3品のぶっかけご飯です。

おかずにもご飯にもタレがしみ込んでいて激ウマでした。

ただし、やはり辛かったです・・・

タイ料理の辛さは避けては通れないな・・・

 

ちょっと気になったことがありまして、前回の外こもりで食べた店がやっていませんでした。

ここの店の料理も美味しいので、どこかで食べようかなぁと思っていたのですが・・・

日を改めて来よう

 

スポンサーリンク

屋台でぼったくられる・・・

夕飯を食べたらソイブッカオ近辺を歩き回りました。

この日は珍しくバービアで飲む気にはならなかったので、ブラブラ歩くだけでした。

ファランがたくさんいる店を見つけました

ここは昼もやっていて、昼もファランがたくさんいるんですよね。

洋食のメニューが多いからなのかもしれませんが。

たぶん美味しいんでしょうね。

美味しそうなタイ料理の店を見つけました。

探せば探すだけ出てきますね。

値段も安いですね~

この辺はバービアだらけです。

やはり客はファランしかいませんw

この辺で宿泊ホテルに戻って宅飲みしようと思いました。

途中でコンビニへ。

ビール以外も飲もうと思い、カクテルっぽい酒を買いました。

値段は49バーツ( 約171円 )です。

つまみは焼き鳥の屋台を見つけたので、そこで買おうと思いました。

美味そうな焼き鳥の屋台です。

値段を聞いたところ、1番右の大きい焼き鳥だけ40バーツ( 約140円 )で、それ以外は20バーツ( 約70円 )と言われました。

この時は日本の物価に比べれば全然安いので、安いな~と思っていました。

食べたい焼き鳥を5本選びました、合計で100バーツ( 約350円 )です。

その場で焼いてくれます。

今回の宅飲みのメニューです。

この酒はストロベリーみたいな味で甘くて飲みやすかったです。

僕は好きですね。

焼き鳥がうめ、うめぇとツイッターでツイートしていたら、フォロワーさんからこんなコメントが、

のんびり屋さん、焼き鳥1本20バーツは観光客価格ですよ

 

タイ人価格は1本10バーツですよ

 

ボラれてますね

 

・・・・。え?

 

初めて知りました。

本当は1本10バーツ( 約35円 )だそうです。

さらに、そのフォロワーさんから、

のんびり屋さんって結構パタヤでボラれてますよね

 

ぐほっ・・・

 

そうなんですよね、ブログやツイッターのコメントで助言をもらうことがたくさんあります。

よく言われるコメントの一つに「 それ、ボラれてますよ 」があります。

いつもそうなのですが、あまりの安さに僕自身がボラれていることに気が付かないんですよね・・・

それくらいタイは日本より物価が安いということなのですが。

ブログやツイッターからのアドバイスは大変勉強になります(_ _)

少しずつ成長していこう

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

14 件のコメント

  • セイラーバー・レストランの朝食が午後3時までOKなのには、顧客の生態からくるニーズを踏まえての、昔からの経緯があるのでしょうね。伝統というものの発生を考えます。
    屋台で、焼き物などを頼むとき/清算するとき、なるべく周りのタイ人に聞こえるような状態でしています。周りのタイ人も同意のボッタクリ価格であるのでしたら、タイ語を含め、よく知らないのですから仕方がないと思います。
    今月下旬にパタヤに行きます。セカンドロードの高低差を意識したことはなかったのですが、エントリーの内容からすると、南側に低いところがあるようですね。ワットの辺りはどうであったのでしょうか。

  • パタヤはやはりいいですね!自分も以前は2ヶ月に一回は行ってましたがやはり最高にいいところですね!いつも色々情報ありがとうございます!

  • 言っていいのかわからないでいましたが、のんびり屋さんは軽くボラれてるケース多いですよね・・・
    バスターミナルからのバイタクも100は高いなぁって思ってました。ちょっと交渉すれば50~60にはなるでしょうし、少しタイ語が出来る人なら40以下まで下がるのでは?

    どこかのブログで読んだのですが、タイの物価を考える時は、バーツに9を掛けるといいそうですよ。
    そうするとざっくりとですが日本での相場に換算できるそうです。
    小さい串焼きが10バーツなら日本だと90円くらいになる計算です。屋台の持ち帰り用ならそんなものでしょう。
    しかし、20バーツだと180円。これだと居酒屋の焼き鳥の価格になってしまうので、ちょっと高いですね。

    タイは国産と輸入品の価格差が大きいのでなんにでも当てはまる計算式ではありませんが、頭の片隅に置いておくと結構使えますよ。私はたまに忘れて、後から「あっ・・・」と思うこともあったりしますが(笑)

    ちなみにこの計算方法で考えると、バーガーキングのサンデーは・・・涼しくて綺麗で静かな店内で、そこそこボリュームがあって180円。
    コスパ最高ですね。

  • こんにちは、はじめてコメントします。
    パタヤ満喫でうらやましいです。

    私はパタヤ滞在中、「1B=10円」で考えています。これを当てはめると、40B,50Bのぶっかけ飯は400円,500円となり、70Bや100Bの洋食も700円,1000円と考えます。こうすると、なんでも安いと思わず、日本での感覚と合わせられるかも。もちろん、全てに当てはまるわけではないですが。

    それと、「腹が立ったら日本円」、1串20Bでボラれたと書かれていますが、こういう時は、「1本70円なのか」と自分を納得させます。もちろん、次回は1B=10円に戻して考えます。

    矛盾してるような2つですが、そこは適当に使い分けてパタヤ滞在を楽しんでいます。

  • 外こもり生活が始まると

    ブログの量も普段よりだんぜん増えて読みごたえがあります(^o^)

    自分も来月タイなので行ったちょっと行った気分♪

    ツイッターでリアルタイムで現地の情報を配信してるんですね!!
    やってないので残念ですが…汗

  • たった50B(175円)じゃないですか。その金額分、屋台の店主とその家族が潤ったのだからいいじゃないですか。
    お金を支払った時点で、のんびり屋さんにとっては1本20Bの価値があり尚且つ安かった、マンペイライ。

  • >ぐうたらシニアさん
    伝統は大事ですね。
    なるほど、注文の仕方にも工夫が必要ですね。
    ワットというのはどの辺なのですかね、よく分からないです・・・

  • >ラスコーリニコフさん
    結構ボラれているようです・・・
    ボラれないためにもタイ語の勉強は必須ですね。
    9倍をかけるというのは相場感覚が分かっていいですね。
    参考にします。

  • >kohjiさん
    初めまして。
    1B=10円基準はいいですね。
    別の読者さんでは9倍をかけるとアドバイスをもらいました。
    やはりそれくらいの基準は作っておくべきですね。
    ありがとうございます。

  • >まこりん。さん
    外こもり生活が始まると記事量は増えますね。
    読み応えがあるとは嬉しい限りです、ありがとうございます。
    まこりん。さんも来月にタイへ行くのですね、楽しんできてください。
    ツイッターでも情報発信しています、よろしくお願いします。

  • >らいらさん
    店側が潤うという意味では許容できますね。
    マイペンライ精神でパタヤライフを楽しみます。

  • 私も半年振りに5月タイに行きます。
    1ヶ月の内3週間はパタヤですね。
    私も1B≒10円の感覚でいて円換算では
    考えないようにしています。
    タイ人のようにバーツでの物価感覚が身に付いていれば
    タイの物価はローカル所得に対して安い国とは思えなくなります。
    日系の高いラーメン屋やカレー屋等タイ人で一杯なのを見ると
    タイの所得格差はかなりのものですね。

  • >ピオさん
    1ヶ月のうち3週間がパタヤとはほぼ僕と同じですね。
    楽しんできてください。
    タイの所得格差はひどいですね。
    日本なんてレベルじゃないですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です