退職金は税金・保険・年金でなくなるな。むしろ足りないかも(泣)・・・

スポンサーリンク

退職金の行方

いくらもらえるのか?

退職して無職になり自由を得るという楽しみはあるのは当然ですが、もう一つ楽しみなことがあります。

それは退職金です。

無職生活をする僕にとっては臨時ボーナスのようなものです。

と、ウキウキワクワクしていたのですが世の中そんなに甘くないということが僕も少しずつ分かってきました、世の中がそんなに甘くないのか世の中が厳しすぎるのか僕には分かりませんが・・・

まず僕がもらえる退職金の額は50万円と見積もっています。

この額は会社の社員用のウェブページで調べたのでおそらくこのくらいだと思います。

大企業だと100万円以上はもらえるのですかね?

やっぱり退職金は最低でも20年以上の勤続年数がないとそれなりの額をもらえないようですね。

日本は年功序列思想なので仕方ないのですが・・・

これは現実なことなので仕方ありません。

もっとよこせと言っても無理なことは百も承知です。

退職金と言っても100万ももらえないのかぁ~とパーッと使いたいのですが、それもできないのもまた現実なのです・・・

引かれるものがありすぎる!!

 

スポンサーリンク

用途は税金・保険・年金で終わり

退職後にやってくる最初の試練と言っていいイベントがあります。

税金保険年金のトリプルパンチの支払いが待っています。

この3兄弟はいつも一緒にいますよね、本当に!!(怒)

この支払いで退職金はすべて無くなりますね、間違いなく。

ちゃんと計算したわけではないのでもしかしたら退職金だけでは足りないことも考えられます。

そこまで国に搾取される筋合いはないのですけどね、無職の人間を苦しめないでほしいです。

怖いですね、退職金だけでは足りなくて貯金からも支払わなければならなくなったら・・・

あまり貯金を税金関係に支払いたくありません。

貯金は無職期間中の貴重な資金源なので余計な出費は痛すぎます・・・

のんびり屋「 え? ならもっと我慢して働けって? やかましいわ!!! 」


スポンサーリンク


12 件のコメント

  • 再雇用で働いている父親と同居するなら、扶養に入ってしまえば健康保険は回避できるのでは?

  • 年金は免除申請すればいいんじゃない?

    住民税はどうしようもないけど、できるんなら年金、保険はお父さんの扶養に入れてもらってはどうでしょう。

  • >クラビさん
    なるほど回避策があるのですね。

    でもさすがに一緒に住ませてもらうのでこれ以上親を頼るのは申し訳ない気がします・・・

    ちょっと考えます。

  • >クロスパールさん
    年金は免除できるんですね、知りませんでした。

    免除できるなら免除しようと思います。

    助言ありがとうございます。

  • のんびり屋さん
    国民年金だけでなく国民健康保険料も減免申請出せますが、審査があります。以前心療内科を受診しましたよね?あと1-2回行って、役所には心身の不調で暫く働けないと言うのが良いかと思います。

  • >らいらさん
    国民健康保険も減免申請できるのですね、これまた知りませんでした。

    でもあと2週間ちょっとの出勤なので心療内科はもういいかなって思っています。

    アドバイスありがとうございます。

  • のんびり屋さん、こんばんは~!(^^)!
    健康保険関係でひと言(^^)/ お父さんの扶養に入って、国民健康保険ではなく、お父さんの社会保険にすることは、お父さんにもメリットがあります。
    ① お父さんの扶養になることによって、扶養控除額が増えることによって、お父さんの所得税・住民税などがかなり下がります。= 扶養控除によって、所得収入が下がるため、所得税・住民税は、その所得収入額に対してのパーセンテージですので・・・(Ritaiyajiiji経験済みです)
    ② ということは、お父さんの手取額(給与支給額はいっしょですが、控除額が増えるため実質手取額は、かなり増えます)
    ③ お父さんの社会保険料額は、増えませんので安心して下さい。
    ということで、お父さんの扶養に入ることによって、のんびり屋さんは、国民健康保険料の支払いはなくなり、お父さんは、手取額が増えるという、一石二鳥となりますよ~(^^♪
    このことは、お父さんは、ご存じでしょうか?
    ただし、問題点というかお父さんのプライドにも関係してきますが、会社に扶養者が増えることによる提出書類があります。この時に30歳を超えた息子が扶養になることが恥ずかしいという思いがお父さんにあるようなら(ちょっと気恥しいとか、回りに知られたくないとか)やめた方がよいですよね( ;∀;) のんびり屋さんの年収だと、かなりの国民健康保険料(任意継続の社会保険料でも)は、かなり高額となるでしょうが、扶養に入ることにより、まったく”0円”ですむことになりますので、お父さんと相談なさってみて下さい。よけいなおせっかいですが、このプログを楽しみにしているファンとして、ご検討をお願いいたします。

  • >Ritaiyajiijiさん
    またまた長文でのアドバイスありがとうございます。

    なるほど父の扶養に入れば国民健康保険料が0円になるのですね、これは最高のメリットですね。

    ちょっと父に相談してみます。

    30過ぎの息子を扶養に入れるのはダメだと言われるかもしれませんが・・・

  • こんばんは、ゆうまんです。
    おそらくですが、退職金以外に会社から支給されるお金はあると思いますよ。
    会社員時、雇用保険を支払っていれば、失業保険が支払われるはずです。
    ただ、自己都合なので、支払開始日が少し先になると思います。
    色々と苦難はあると思いますが、応援しています

  • >ゆうまんさん
    アドバイスありがとうございます。

    自己都合の場合、失業保険が支払われるのが退職から3ヶ月先というのは分かっています。

    ただ自己都合なのでそこら辺にはあまりあてにしないようにしています。

    応援ありがとうございます。

  • 上のほうのコメントでも出てますが、扶養に入ることで特にお父さんの負担が増えるわけじゃないんだから扶養に入るのが合理的ですね。
    もちろんいつまでもスネをかじるのもどうかというのはありますが、今はすまんと頭を下げてやるのもいいかと。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です