国民年金と健康保険の支払いに行ってきた。やはり無職にこの出費は痛い・・・

無職の重荷、国民年金と健康保険

支払いが義務とは言え・・・

毎日が自由な無職でも憂鬱な日というのはあります。

それがこの前ありました。

国民年金と健康保険の支払いをしに銀行に行ってきました・・・

毎度毎度この支払いには嫌気がさしますね、まったく。

銀行の受付で用紙に必要事項を記入するのですが、支払い金額を記入する時にいつも涙が出ますね・・・

国民年金の支払通知書

健康保険の支払通知書

国民年金の支払額は16,340円、健康保険の支払額は27,000円です。

合計で43,340円です。

毎月この日は、「 は~・・・ 」っとため息ができます。

無職の僕にとって痛い固定支出です。

単純計算でもこの2つの支払いだけで年間50万円以上ですからね、恐ろしや。

年金なんて僕が支給されるのは70歳以上になってからですよ。

その前に寿命を迎えていたら払うだけ払って1円ももらえないことになります、究極の無駄払いです。

昔は55歳から年金が支給されていたことを考えると今の年金支給年齢はひどいもんですよ、どんどん上がっていきますからね。

まいったね~本当に。どうしたもんか

 

スポンサーリンク

やはり不労所得は増やしておくべき

年金支給年齢の引き上げをまったく気にしない生き方をするなら不労所得を増やしていくのが手っ取り早いですね。

不労所得を増やしていくことが生活の安定にもつながるし、いざという時の助けにもなります。

不労所得は読んで字のごとく、働かずに収入が発生する素晴らしいシステムです。

やっぱ不労所得って最高ですわ。

資金さえあれば投資なんて誰でもできますからね。

しかし、今の僕にはその資金がありません・・・

貯金を投資に回すこともできますが、これからも外こもり生活をしまくる予定なのでできません。

さらに今月になって毎月分配投信を売ってしまったので今月から不労所得額は1万円以下になってしまいます。

無職の僕の今の収入はその少ない不労所得とブログ収入だけです。

貯金が尽きる前に不労所得とブログ収入( いずれはYouTubeからの広告収入も合わせて )だけで生活できるようになり、余った資金を積立投資に回して不労所得を増やしていくという生き方が1番の理想ですが、まぁ狭き門ですよ。

ハードルは高すぎですが、チャレンジしていきたいという思いはすごい強いです。

貯金が尽きて働くようになっても諦めることはしません、続けていきます。

何よりも僕にとっては好きなことですからね、どんな状況になろうが続けていきますよ。

もらえるのかすら分からない年金に期待するよりはよっぽどマシだな

スポンサーリンク


12 件のコメント

  • 年金も昔の人に払いすぎて、そのしわ寄せで真面目に納めている私達がほとんどもらえない、もしくは減額される・・
    新年金制度になり、財源の関係で少しずつ支給額は下がっているみたいですが、旧年金の頃は近所の爺さんで、定年後なのに働かずに月に26万位貰ってた人がいました。(もう亡くなってますが)
    それで後の世代にしわ寄せとは・・ひどいもんです。
    真面目に払うのがバカらしくなりますよね。

  • >tadaさん
    過去をさかのぼると年金の歴史はひどいですよね。
    月26万円ももらえる世代が羨ましいです・・・
    それに比べてこれからの世代は地獄ですよね。

  • のんびり屋さんこんばんは、いつもブログを楽しみに見ています。
    将来会社を辞めた後の対策として、住民票を抜いて海外移住を少し考えています。
    海外居住者なら保険、年金、住民税の支払いは不要ですから。
    1月1日の時点で住民票がない状態だと一年間の住民税もかからないようです。

    >単純計算でもこの2つの支払いだけで年間50万円以上ですからね、恐ろしや。
    50万円なら物価の安い国で結構暮らせそうですよね。
    今のうちに色々調べておこうかな…

  • >いかさん
    こんばんは。
    僕のブログを見てくれてありがとうございます。
    いかさんは海外移住を考えているのですね、すごいです。
    住民票を抜けば相当出費が抑えられますからね、メリットはありますね。

    50万円あれば物価の安い国なら長期期間滞在できますね。
    まったく嫌な現実です・・・

  • のんびり屋さん、こんばんは。
    新しい記事毎回読んでいます^_^
    私も先月でずっと働いていた営業の仕事を辞め無職満喫中です、漫画喫茶に行ってダラダラ過ごしています♪そんなに貯金はないですが…このブログを見てパタヤに行こうと計画中です♪
    私も年金は正直馬鹿らしいと思っているので、無職中は納付猶予申請をしました、老齢年金はどうでもいいのですが、障害年金のほうは手厚い制度なのでその為に払うというスタンスでいます。我々がもらえるのは75歳ですかねぇ、80歳ですかねぇ(笑)

  • >よっぷーさん
    こんばんは。
    僕のブログを読んでくれてありがとうございます。
    よっぷーさんも退職されたのですね。
    無職いいですよね~、漫画喫茶でダラダラ過ごすなんて最高の贅沢ですね。

    そして、なんとよっぷーさんもパタヤ計画を考えているのですね!!
    是非是非パタヤに行ってみてください。
    パタヤはめちゃくちゃいい街なので絶対楽しめますよ。
    グダグダ生活するだけでも幸せですからね(^ ^)

    年金の納付猶予ですか、僕もちょっと考えようと思います。
    年金はもうあてにできないので。
    僕の場合だと70過ぎだと生きる保証がないですね\(^o^)/

  • 生まれて33年、恥ずかしながら一度も海外に行ったことがなく、今しかない、行くならタイだ!と思っていたらパタヤの記事があったのでバンコク1週間パタヤ1週間くらいで考えてます^_^行くのはちょい先ですが…

    また近々タイに行かれるんですよね?ブログ楽しみにしてます!

  • >よっぷーさん
    33歳とは僕と同い年ですかね?
    海外は楽しいですよ~
    色んなカルチャーショックを受けれるのでいい思い出になりますよ(^ ^)
    僕は6月にまたパタヤとバンコクに行ってきます。
    パタヤ3週間、バンコク1週間の滞在予定です。
    タイ滞在中もブログを書くのでよろしくお願いします。

  • 免除申請一択ですね。
    誰でも利用できる退職特例免除制度を利用すれば、免除期間も納付期間としてカウントしてもらえますし、免除なのに1/2の金額を納付したとみなされて将来の年金額が計算されます。そして将来、免除期間分を遡って納付も可能です。

    メリットしかない制度です。年金機構に一度行かれる事を強くお勧めします。

    因に、去年から年金受給に必要な納付期間が25年から10年に短縮されてるので、年金の受給資格はもうクリアしてると思いますよ。

    健康保険も条件をクリアすれば同居じゃなくても親の扶養に入れます。もし親御さんが会社員で社会保険であれば負担額0で保健証が持てますよ。
    これで年間50万円浮きますね!パタヤに3ヶ月は住めますよ!

  • >ひとさん
    免除申請って免除期間も納付期間としてカウントしてもらえるんですね、知らなかったです。
    近いうちに年金機構に行ってみますね。
    健康保険は親の扶養には入れないんですよ、以前父に相談しましたがダメでした(> <)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です