無職になると手取り月10万円台の仕事でも抵抗を感じなくなる

無職になると色々と価値観が変わる

求人情報を見て思うこと

パソコンで求人情報を見ていると、ふと思ったことがあります。

今まで低収入と思っていた仕事がいい仕事だなぁと思うようになりました。

月収15万円とか、月収17万円とかの求人情報を見ているとなかなか良いな~と関心が出てきます。

仕事内容もそれだけ簡単というのが理由かもしれません。

僕の今後の生き方はできるだけ人生を楽しく生きるということを念頭に置いています。

給料はいいけど辛くて大変な仕事はもうやりません。( と言うか、そんな高収入の仕事にはもう再就職できないだろうな )

できるだけ落ち着いて淡々とこなせる仕事を選びます。

無職になってからは仕事を選ぶ基準が変わりましたね。

まぁそもそも僕には自慢できるような能力や技術はないので型にはまった流れ作業のような仕事の方が合っていますね。

さらに月収10万円台でも大丈夫なのは日頃の生活にお金がかかっていないというのもあります。

生活水準を下げれば選ぶ仕事の妥協点も相当落ちます、いいメリットです。

タイで外こもり生活をしているときは結構お金を使っちゃうけど・・・

 

関連記事転職するなら「超」が付くほど楽な仕事にしようっと

 

スポンサーリンク

視点が収入より楽しく生きることに変わった

無職になってからはとにかく人生を楽しく生きようと考えるようになりましたね。

サラリーマン時代は給料は手取りで20万円を超えて半年毎にボーナスも支給されていましたが、毎日が辛いだけでした。

思い出しただけでも吐きそうになる・・・

 

何のために生きてるんだろう?って本当に思っちゃいましたからね。

そして去年、我慢のピークを超えての退職、無職になり労働以外の収入を得ていく生き方を模索中。

今でも逃げ出してよかったと思っています。

自分の生き方くらい自分で決めないと。

無職だろうが僕は前向きに楽しく生きます。

こういう言い方をすると年配の世代ほど「 人生とは苦労するものだ 」、「 人生とは我慢するものだ 」なんてお説教が始まります。

確かに間違ってはいませんね。

我慢することも大事ですが、我慢のし過ぎはダメです。

僕だってサラリーマンを我慢して約10年続けましたからね。

そして、我慢の限界が来たので退職したわけです。

簡単に辞めたわけじゃないんです。

そんなことは置いといて、人生を楽しく生きるのに収入面は関係ないです。

高収入だろうが人生を楽しく生きていない人はいます、低収入でも人生を楽しく生きている人はいるのです。

まぁ逆もまた然りですが・・・

僕は僕なりに低収入でも人生を楽しく生きる方法を見つけていきます。

そして、僕はまたパタヤに行くのだ\(^o^)/

スポンサーリンク


6 件のコメント

  • お疲れ様です。

    まさに同感です!

    働く時間が決まっていて、
    休みに融通がきき、
    ストレスが小さく、
    長く働ける仕事なら
    今すぐにでも始めたいです!!

    そんなの無いから皆歯をくいしばって
    頑張る訳ですよね、、、

    是非、セミリタイア 目指して
    頑張って下さい!

    私にはまだまだ勇気がなく、
    尊敬しつつ応援してます!

  • >のりのりっちさん
    ありがとうございます。
    今の時代なら色んな生き方ができますからね。
    僕は僕なりに楽しく生きれる人生を歩んでいきます。
    応援ありがとうございます。

  • 月10万でも年間120万ですから、独身一人暮らしでも家賃さえ安いとこ見つけたら自炊中心で余裕で生活できますからね。
    また安いほうが所得税も安いし、確定申告で戻しやすいですから結構オトクですね。
    色んな行政サービスも所得制限にはまず引っかからなくなりますから、やりようによってはかなり美味しい生き方になりますね。

  • >招き猫の右手さん
    家賃を安く抑えられれば相当楽ですね。
    来年の確定申告は初めて自分でやります、勉強しないと。
    自分なりにいい生き方を見つけていきます。

  • 私も給料には拘らなくなりました。
    それよりも勤務環境や休みやすさなどを重視していますね。

    独身で費用が大きいのは家賃ですから、そこを抑えれば月10万も余裕でしょう。

  • >クロスパールさん
    環境重視は大事ですね。
    家賃を安く抑えることも節約の1つですのでよく考えながら将来に備えます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です