バンコク都市部に移動、ドンムアン空港で間違って高級バスに乗ってしまった・・・

バンコクの都会へ移動

一旦ドンムアン空港へ

僕の下のベットで寝ていた宿泊客のいびきがうるさすぎで、4時頃まで眠れませんでした。

そして、いびきが収まったのでようやく寝られると思ったら、今度は別の宿泊客がどんどん起き始めてチャックアウトする支度を始めました。

何人か一斉に起き始めたのでグループで止まっていたようです。

そんなことより、

全然眠れんではないか・・・

 

たぶん、このグループは朝早い飛行機に乗るのだと思います。

僕のようにタイに着いたばかりの宿泊客だけではなく、これからドンムアン空港に行って飛行機に乗る宿泊客も当然いますよね。

参りました、今度はそのグループがガタコトし始めて、6時くらいまで眠れませんでした。

6時過ぎにそのグループが出て行って静かになりようやく眠ることができました。

チェックアウトは11時までなので、ぎりぎりまで寝ていました。

11時ちょっと前に起きて支度をしました。

寝ただけだったのですぐに準備はできました。

ここは1泊500円台と格安なのに朝食付きです。

カップラーメンでも食べようかなぁと思いましたが、やめました。

なぜかと言いますと、この日はある実験をしようと思っていたのです。

それは、ドンムアン空港のラウンジで前日の航空券でもラウンジが利用できるのか? というものです。

ドンムアン空港には制限区域外にプライオリティパスが使えるラウンジがあります。

ラウンジ利用にはプライオリティパスと航空券を提示する必要があります。

ただ、航空券は当日分だけが有効です。

ですが、僕の場合は日本を夜に出発して翌日の深夜にタイに到着しました。

この場合の航空券は有効なのかどうか試してみたかったのです。

もし、それでラウンジに入れたらそこでガッツリ朝ご飯を食べようと思ったのでドミトリーでは何も食べませんでした。

チェックアウトをしてドンムアン空港へ向かいます。

ドミトリーの近くに仏教を感じる建物がありました。

いいね~、タイだね~

 

僕が泊まったドミトリーの他にもいくつかドミトリーがありました。

この辺はドミトリーが多いですね。

そして、僕の泊まったドミトリーのちょっと先に「 Sleep Dwl 」というドミトリーがあります。

後になって分かったことですが、

以前パタヤでお会いしたことがあり交友のあるハンチングたくまさんが、ほんの数日前にここの記事を書いていまして、なんとその記事にドンムアン空港からここまで徒歩で来る最短距離の行き方を分かりやすく書いていました。

ハンチングたくまさんからブログにコメントをいただき、そこで初めて知りました・・・

その記事は3月28日に投稿されていて、僕はタイへ行く前日だったので頭の中がタイのことだけしかなかったのでブログを読んでいませんでした。

ちゃんと読んでいれば、あんな大変な思いはしなくて済んだのに・・・

 

やはり、タイ関係のブログは定期的に見ないとダメですね。

お得な情報を逃してしまう・・・

当時はまだドンムアン空港への最短コースを知らなかったので、近くでバイタクを拾って空港まで行きました。

すると、ここで降ろされました。

バイタクのおっちゃんに空港まで行ってくれよと言うと、上を指さして、「 あそこを歩いて行けばすぐに空港へ行ける 」と言われました。

あそこというのがここです、

大通りを跨いでいる大きな渡り通路が見えました。

なんだよ、深夜歩いたコースよりこっちのコースの方が全然近いじゃん・・・

 

ここで始めて深夜歩いたコースが遠回りだったことに気づきました。

ここから歩いてすぐなら問題ないなとバイタクを降りました。

料金はたったの20バーツ( 約70円 )です。

安っす

 

渡り通路へ向かいます。

渡り通路へ行くには一旦ホテルに入って2階に上がる必要があります。

こんなレストランを横切ります。

レストランを通過するのはちょっと失礼な感じがしますね。

ようやく通路らしいところに出ました。

通路から電車が見えました。

すぐ近くに電車も走ってるんですね。

ドンムアン空港に到着です。

目的のラウンジは第2ターミナルの4階にあります。

 

ラウンジで36時間ぶりの食事

第2ターミナルの4階にある「 Miracle Co – Working Space 」というラウンジが制限区域外でプライオリティパスが使えるラウンジです。

さっそく受付でプライオリティパスと航空チケットを見せました。

すると、あっさりOKをもっちゃいました。

ラッキ~

 

ようやく食事にありつけます。

成田空港でラウンジが利用できなかった失敗もあり、36時間くらい何も食べていなかったので腹ペコでした。

ラウンジは静かでいいですな~

しかもこんなところを無料で利用できるとは最高の極み。

お腹はとっくにグーグー鳴り続けています。

これよ、これ。

ラウンジは料理が豪華なんですな~

食いまくってやるぜ~

 

まずは1杯目、題して「 のんびり屋風ガパオ

ちょっと辛かったですが、味はよろしかったです。

目玉焼きの黄身が多少半熟だったのがうれしかったですね。

飲み物ももちろん無料、水と炭酸のスプライトを持ってきました。

ご飯ものにスプライトは合わなかった・・・

 

そして、二杯目。

チャーハンとパスタです。

正直言うと2杯目はきつかったです、1杯目だけでも十分お腹一杯でした・・・

何とか2杯目も完食しました。

いや~本当に胃が小さくなりましたよ。

これだけ空腹なら2杯くらい余裕だと思っていたのですが。

老いている証拠だな・・・

 

ラウンジの利用時間は2時間なので、食後はノートパソコンをいじってリラックスしようと思いました。

電源のあるテーブルに移動しました。

このテーブル、見た感じは何ともないように見ますが・・・

イスが高すぎです・・・

短足だから座るのが大変だったわ・・・

 

2時間ぎりぎりまでパソコンでゲームなどをして遊んでいました。

2時間利用したらラウンジを出て、次の宿泊ホテルに向かいました。

そして、後になって気が付きましたが、このラウンジにノートパソコンで使っていたマウスを忘れてきてしまいました・・・

 

誤って高級バスに乗ってしまった・・・

この日に泊まるホテルはバンコクの中心街にあるので、ドンムアン空港からバスでバンコクの中心街まで行こうと思いました。

事前に読者さんやフォロワーさん達からドンムアン空港からBTSの駅までのバスが出ていることは聞いているので、その切符売り場を探しました。

空港内を歩き回っていたらすぐに見つかりました。

行き先はカオサン通り、もしくはBTSの3駅行きの2つがあるようです。

とりあえずパヤタイ駅まで行って、そこからBTSに乗って宿泊ホテルの最寄り駅まで行こうと考えました。

パヤタイ駅までの料金は150バーツ( 約525円 )です。

出発時間まで座って待っていました。

そして、係の人がバスが来たとアナウンスしてくれたのでバスに向かいました。

これが、そのバスです。

かなりいいバスじゃないか

 

念のため運転手にチケット見せて、パヤタイ駅に行くか確認しました。

パヤタイ駅に行くと言ってくれたので乗り込みました。

そして、座って待機していたら、ちょっと変な違和感が・・・

バスの乗客が半分も乗っていません。

なぜに?・・・

 

あまり乗客を乗せずに出発してしまいました。

後になってツイッターのフォロワーさんからのコメントで分かりましたが、もっと安いバスが他のところから出ているようでした・・・

BTSのモーチット駅までたった40バーツ( 約140円 )で行けるバスがあるようです。

どうやら僕はその3倍以上の料金もするバスに乗ってしまったようです・・・

またやっちまった・・・

 

当時はそんなことは知らずに快適なバスの旅を楽しんでいました。

バンコク都市部に向かって出発。

大量に駐車してあるバイク、本当にすごい数です。

これぞタイよ~

 

空港沿いの大通りを2人乗りで、しかもノーヘルのバイクを発見しました。

どっちも女性です。

相当かっ飛ばしていました。

度胸あるわ~・・・

 

バンコクの都市部に入ってきました。

そして、お決まりの大渋滞。

よく見ると合流地点でこっち側の通りを警官が止めていました。

違う側の通りだけを先に通していました、おそらく渋滞整理をしていたのだと思います。

しばらくしたら高速を降りました。

パヤタイ駅が近いかなぁとGoogleマップを見てみたら、なんとどんどんパヤタイ駅から遠ざかっていました。

どういうこと?・・・

 

そして、バスが停車して運転手が「 カオサンロード、カオサンロード 」と言い出しました。

えっ!? ここ、カオサン通り!?

 

カオサン通りは写真でしか見たことがないのですが、見た感じそんな雰囲気の場所でした。

Googleマップで確認してみたらドンピシャ。

え~と、バスチケットの案内板をもう1度見せますね。

行き先は2つあって、カオサン通り行きのバスに乗ってしまったということなのかな?

ソワソワしていたら、僕と同じような状況のファランが運転手にパヤタイ駅へは行かないのか? と聞いていました。

すると、運転手はパヤタイ駅へはこれから行くとのことでした。

どうやら、乗客が少ないと全部回るようです。

これぞ、タイのマイペンライ精神!!

とりあえず、このバスはパヤタイ駅まで行くと分かりました。

焦ったわぁ、もう・・・

 

ようやくパヤタイ駅に向かってバスが動きました。

大きな建造物がありましたね。

そして、この後、衝撃的な光景を目にします。

なんと、なんと、な~~~んと、1台のバイクに5人も乗っていました。

すごすぎですね、バスケットボールアニメのスラムダンクの4人乗りを超えています。

現実世界がマンガの世界を超えるとは・・・

すごすぎる、さすがタイ・・・

 

上の写真は合成じゃないですからね、現実世界のものですよ。

そして、パヤタイ駅に到着しました。

バスを降りて、BTSに乗って宿泊ホテルの最寄り駅に行きます。

 

宿泊ホテルにチェックイン、ようやく個室

懐かしのBTSです、3ヶ月ぶりですね。

これまた懐かしの券売機。

最寄り駅のプロンポン駅までは44バーツ( 約154円 )です。

切符を買って駅のホームへ。

BTSのホームはきれいですな~

そして、ホームから見える高層の建物。

もう大都会です。

何気に三菱電機のマークが見える

 

プロンポン駅を降りて宿泊ホテルへ。

駅から徒歩5分以内で行ける「 NANTRA 」というホテルです。

チェックインを済ませて、宿泊部屋へ。

個室だ~~

 

やはり宿泊施設は個室に限りますな~

今日こそは爆睡できるぞと感激しまくりでした。

ただ、シャワー室にちょっとした問題が・・・

シャンプーとボディーソープがどっちなのか分からん・・・

 

シールが剥がれていてシャンプーとボディーソープの判別ができませんでした。

実際にシャワーを浴びたときに確認しましたが、どっちがどっちなのか結局分かりませんでした・・・

 

スポンサーリンク

夕飯は質素にコンビニで

前日の夜から移動しっぱなしで、しかも睡眠時間が3時間くらいしかなかったので疲れ切っていました。

近くにコンビニがあったので、そこで何か買って夕飯にしようと思いました。

サンドイッチとファンタジュース。

合計でたったの43バーツ( 約150円 )です。

安すぎだね

 

歯磨きセット類も買いました。

100バーツ( 約350円 )くらいだった思います。

シャワーを浴びてスッキリした後にファンタジュースをぐいぐいと飲みました。

か~~~!!

 

めちゃんこ美味かったです。

日本にいたらこれがファンタジュースではなくストロングゼロでしょうね。

やはり僕はタイで生活していると寿命が延びそうです。

サンドイッチは思った以上に具だくさんでした。

卵しかないけどね

 

そして、食べ終わったら一気に眠気がきました。

疲れと寝不足のダブルパンチでしたからね。

では、おやすみなさい

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

4 件のコメント

  • まちに待ったタイ生活の始まりですネ!

    タイのサンドウィッチって、ちょっと甘くないですか!?
    それでも物価の安さはありがたいですねぇ♪

    プロンポン駅下に
    ヘイヘイカオマンガイって有名な屋台が出ています。
    ぜひお試しください!!

  • >まこりんさん
    ついに始まりました。
    タイのサンドイッチは甘いという印象はないですね。
    プロンポン駅下のカオマンガイ屋は知っています。
    美味しいですよね(^ ^)

  • いいところですね。隣のワット・ポーマッサージはタイマッサージ発祥の地のワット・ポー寺院の支店です。いいですよ。あとは近くのロビンフットの朝御飯がボリュームあっていいです。セイラーバーにはコスパで負けますが。。。

  • >だいこさん
    いいところでしたね。
    マッサージ屋に行けばよかったです。
    ただ、バンコクだから高いですよね・・・
    セイラーバーはコスパ良すぎですから仕方ないです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です