タイのATMでカードが吸い込まれてしまった時の対処法は、ほぼなしという事実・・・

やっちまった苦い思い出

タイのATMはのんびりしているとカードが吸い込まれてしまう

この前のタイの外こもりでの失敗談です。

ATMでお金をおろした時にデビットカードを取り忘れ、そのカードがATMの機械に吸い込まれてしまったのです。

タイのATMは日本のATMと多少違っているところがあります。

タイのATMは先に現金だけがまず出てきます。

そして、現金を取ったら続いてカードが出てきます。

日本だと現金とカードは同時に出てくると思います。

ちょっとの差ですが、実際にタイのATMでお金をおろすとカードが後から出てくるのを忘れる日本人観光客は多いようです。

さらに、ここがミソなのですが、後から出てきたカードを10秒くらい取らずに放置しているとATMの機械にまた吸い込まれてしまうのです。

これは盗難防止のための仕様です。

僕はこのことを事前に調べていたので、今までは大丈夫でした。

ですが、慣れてきた頃にやってしまったのです・・・

しかもヒドイのが、カードを吸い込まれるところを見たわけではありません。

翌日になって、財布を中身を見てみたら、

あれ?デビットカードがない・・・

 

と気がついたのです。

気付いたのが翌日ですからね。

まったく何をしているんだか・・・

 

スポンサーリンク

ATMにカードが吸い込まれるとほぼ戻って来ない

カードが吸い込まれたと気づいたら、現金をおろしたATMのところに行きました。

電話番号が書かれていたので、その番号にかけました。

最初は英語で何とか伝えましたが、途中で「 Japanese? 」と言われたので「 Yes 」と答えました。

そしたら、日本語が話せる担当者に代わってもらいました。

片言の日本語でしたが、こちらの言っていることは理解してくれました。

ATMの番号を聞かれたので、ATMに書かれている番号を伝えました。

その番号を元に何やら照合をしているようでした。

少ししたら、前日にそのATMでは担当者がチェックしに行っていて、おそらくその時にカードは裁断されて破棄されていると言われました・・・

詳細を聞いたところ、ATMを提供している銀行のカードなら保管してくれるそうですが、その銀行以外のカードの場合は悪用防止のため、裁断して破棄してしまうとのことです。

なんてこったい・・・

 

かなりショックでしたね。

てっきりデビットカードが自分のところに返ってくるとばかり思っていましたので。

日本で作ったクレジットカードやデビットカードがタイのATMに吸い込まれてしまうと、残念ながら戻ってきません。

タイの銀行のカードを作りたくても、観光客がタイの銀行のカードを作るにはかなりハードルが高いようです。

昔は観光客でも簡単に作れたそうですが・・・

タイランドエリート会員なら余裕でタイの銀行の口座を作れるんですけどね。

くそ~、やっぱりタイランドエリート会員になりたい・・・

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

4 件のコメント

  • それは災難でしたね。日本ではセブンイレブンのATM利用がほとんどですがカードと利用明細書が出て現金が出ますね。10数年前自宅近くの口座開設してる信用金庫から電話が来てキャッシュカードを預かっているとのこと。忘れた事さえ知らなかった。助かりました。 

  • 二回目のタイ駐在中です。前回は三年いて一度もなかったのに今回は半年で二度吸い込まれましたw
    嫌になったので今はアプリで引き出ししてます。スマホあればいいので大変便利です

    口座開設は調べましたけど、やっぱゆるいとこでも最低でもビザいりそうですね、、、。

  • >はっしーさん
    2回目のタイ駐在とはすごい。
    タイではアプリで引き出しができるんですよね、便利ですよね。
    やはり口座開設はハードルが高そうですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です