貯金が100万円を切っても割と不安が少ない

セミリタイア生活にはメンタルも必要

貯金が100万円切っても焦りがあまりない

僕は去年からサラリーマンを辞めて、その後は転職をせずに自分のやりたいことを事業としてやってきました。

ブログとYouTubeの収入で生活していこうと考えています。

しかし、思うように収入が伸びず、毎月貯金を切り崩して生活をしてきました。

そして、ついに貯金が100万円を切ってしまいました。

でも以外にも初めてこの事実を知った時は、思った以上に驚くことはなかったですね。

いつかはこうなるってことは分かっていたからね

 

もともと貯金は1,000万円以上の大金があったわけでもなく、有価証券の資産と合わせて500万円くらいでした。

僕はそもそも準備不足でセミリタイア生活に突入しましたからね。

今のような生活は2年くらいが限度だろうと、初めから見積もっていました。

予定より早くなってはしまいましたが、初めから計画していた通りの流れになっています。

いつかは来ると分かっていたとはいえ、貯金が100万円を切ったのにここまで不安が少ないのは自分でもビックリですね。

「 さすがにマズいから、今すぐ働こう 」という気持ちも起きず、8月のタイの外こもりから帰ってきたら働こうなんて考えています。

まったく能天気ですね、僕は。

頭のネジが何本か抜けているのかも・・・

 

スポンサーリンク

貯金が少なくなろうが好きなことはやる

僕はちょっとお金の管理がお粗末ですね。

しっかりとお金の管理ができていれば、今年いっぱいくらいは今の生活を続けていけたはずです。

ですが、そんなところばかりしっかりしていると、パタヤでのグダグダで楽しい外こもり生活がつまらくなってしまいます。

やはり主体は人生を楽しく生きるところに持っていくべきだと思っています。

貯金が100万円を切っても、この考えは変わっていません。

正しいかどうかは別の話ですけどね。

もしかしたら、この考えのせいで残りの人生が地獄になってしまうかもしれません。

仮にそうなっても僕は後悔はないですね。

サラリーマンを辞めずに苦痛を味わいながらも安定収入のおかげで資産を増やしていけても、メンタルが参ってしまい、体を壊し、何をしても楽しくない生活の方が辛いです。

毎日が楽しくない生活より全然マシですよ。

メンタルが病むと本当に何をしても楽しくないからね・・・

 

収入は少ないですが、今の事業を続けていく生き方の方が賢明だと思っています。

まぁブログやYouTubeの収入で生活していこうという考えは適当ではないですからね。

自分としては可能性があると確信しているからこそやっているのです。

そして、何よりやりがいがあるというのが大きいです。

サラリーマン時代は仕事に対してやりがいがありませんでした。

でも、毎日やらなければならないのです、さらに陰でいじめにもあっていたし、本当に苦痛でしたね。

今後は短期間だけ労働して貯金が少しできたら、また自分の事業に専念する生活を続けていくことになりますね。

早く自分の事業だけで生きていけるようになりたいです。

あと何年かかるのかしら・・・

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

4 件のコメント

  • ソーシャルカンパシステムの「Kampa!」で匿名の支援者を募ったり、パタヤの写真を加工して「ClubT」でTシャツやiPhoneケースにして販売してはいかがでしょうか?最近は学校や会社に行けない奴は死ぬしかないと思わせるような悲惨な事件が多いので、のんびり屋さんには働かなくても世の中、楽しく生きていけることを証明してほしいです!

  • >ぽーさん
    パタヤ関係を使って行くのはいい案ですね。
    何としてでも働かなくても生きていける世の中だということを証明します!!

  • 貯金100万円切っても冷静に判断できるのんびり屋さんは精神力が強いですね!

    最近、無職が人生に絶望して通り魔したり、父親に殺されたり悲惨な事件が連続して起きています
    それは日本が定職で働かないと差別される社会だからだと思う
    本来働く働かないは本人の自由なはずなのですが・・・・・

    僕ものんびり屋さんが不労所得で楽しく生きていける生活
    そこまでいかなくても、そこそこ働いて楽しく生きていける生活を証明してほしいと考えています!

    社畜なんて本当にクソですよ!!!
    こんな半奴隷みたいな生活が定年退職の年まで続くなんてどう考えても無理です
    僕も早く辞めたいです
    のんびり屋さん!本当に頑張ってください!!!!

  • >ジャッカルさん
    日本は何かとそういうところで差別がありますよね。
    何とか不労所得で生きていけるようにがんばっていきます。
    応援ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です