数千万円の資産があっても将来が不安だからという理由で働き続ける人がいるという事実

お金をたくさん持っている人でも将来に不安を感じる人はいる

何が不安なのかを理解できていない

この世の中は本当に色んな考えを持った人達で溢れています。

毎日必死に働いている人もいれば、僕みたいに働かずに好き勝手な人生を歩んでいるポンコツ人間もいます。

僕はサラリーマンを辞めて、セミリタイア生活を始めて1年半以上が経ちました。

フリーランスの事業収入が数万円のため、貯金を切り崩す生活が続き、ついに貯金が50万円を切ってしまいました。

落ちるところまで落ちちゃったね~

 

貯金が底を尽きそうにもかかわらず、もうすぐ僕はタイに行って外こもり生活をしてきます。

パタヤに行ってグダグダ生活をしてきます。

こんな能天気な人間も世の中にはいるのですよ。

しかし、僕のような人間とは逆で、数千万円の資産を持っていても会社員を続けて、メンタルを消耗しながらも働き続けている人もいます。

僕からすると、もったいないという言葉しか出てきません。

仕事や職場環境に不満がないという人なら別に問題ありません。

そういう人ではなく、仕事内容に不満があったり、職場でいじめにあってメンタルを病んでいるような人が我慢しながら働き続けているのです。

数千万円も資産を持っているなら、とっとと仕事なんか辞めてセミリタイア生活をすればいいのにと思ってしまいます。

でも、「 将来何が起こるか分からないから・・・ 」という理由でいつまでも辞められずに働き続けるのです。

人によっては数千万円どころか、1億円以上の資産があっても将来を不安視して働き続けている人もいますからね。

なんか、人生を損しているような気がする

 

こういう人の特徴は、 将来何が起こるか分からないから 」という部分が非常にザックリしすぎていいるということです。

何に不安を感じているんですかね?・・・

例えば、事故にあって怪我をして入院してしまったらどうしようとか考えているんですかね。

僕みたいなフリーランスでも、入院しても国民健康保険が使えますからね、医療費は3割負担です。

僕はちゃっかり生命保険にも入っているので、入院中も保険料が出ます。

こういう状況になったら収入が途絶えてしまうから不安だと思っているのですかね。

すでにあなたは数千万円も資産を持っています、何の不安があるのだか・・・

確かに入院中でも、会社員なら毎月基本給だけの給料をもらえます。

でも、入院中ずっと給料を払ってくれるわけではありません、それぞれ会社の規定で支払う期限は決まっています。

何年も入院していては途中で給料はもらえなくなります、というか、何年も入院するような怪我なら復職は不可能です。

と、長くなりましたが、「 将来何が起きるか分からない 」とざっくりな不安しかない人は、こういったリスクさえも考えていません。

要はその辺の不安な部分を真剣に考えていないのです。

どんな生き方をしたってリスクはあるで~

 

スポンサーリンク

残りの人生をもっと楽しく生きていこうと考えるべき

仕事や職場環境に不満がない人は、そのままこれからもがんばって働き続けてください。

ここで言っているのは、数千万円の資産がある人の中でも、仕事に不満があったり、職場環境が悪くメンタルが病んでいるのに、「 将来が不安だから 」と考え、辞められずに働き続けて人に向けて言っています。

そういう人は、「 将来が不安だから 」という部分を真剣に考えた方がいいです。

考えれば考えるほど、割とリスクは少ないです。

数千万円も資産を持っているわけです、お金に関しては浪費家ではなく節約家のはずです。

さらに、困ったときはどうすべきか? というところもしっかりと対処できる人のはずです。

僕から見れば逃げ出すための準備はすでに整っていると言っても言い過ぎではないです。

セミリタイア生活をしている人達は、たまに気晴らしに短期労働をして稼いだりもしています。

今の仕事を辞めたって稼いでいくことはできます。

考えれば考えるほど、今いる地獄の職場に居続けなくても生きていけると気づけるはずです。

本気で伝えたいのですが、ゴールは定年退職ではないですよ。

辛いことを我慢するというのは必要なことですが、我慢のしすぎは心身ともにボロボロになるだけです。

そして、ボロボロになるまで我慢する必要があるのかというと、明らかにありません。

不要です。

辛すぎたら逃げることも必要です。

思い切って逃げてみたら、心が超スッキリすると思います。

1度しかない人生です。

楽しく生きていこうと考えるのは大事ですよ~

ということで、僕はもうすぐまたパタヤへ行っちゃいま~す\(^o^)/

スポンサーリンク


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

20 件のコメント

  • 今はパタヤに来ています。
    のんびりと外こもりしています( ^∀^)

    こちらにいると、稼ぐことを忘れて、今あるお金で楽しく過ごしてやろうかと思いますね( ^∀^)

    追伸
    パタヤの物価も上がっています
    10年後には。。。。第二のパタヤを探さないと。。。。。

  • 資産が1億あってもやめられません、なお独身です、みたいな質問がたまにFPの相談サイトにあったりしますが、もはやネタなのかと思いますね。
    そういう不安症の人が働き続けてくれれば僕たちのリタイア生活も安泰とも言えますが・・・

    僕は妻子ありでリタイア生活してますからね、1億独身とかその人たちからしたら狂気の沙汰なんでしょうが。

  • はい、まさに私のことですね。確かに数千万円以上の資産を持っていても辞めて大丈夫かなと思ってここまで来てしまいました。ついに、来月仕事を辞めるわけですが。私は41なので少し辞めるのが遅かったなという気持ちもあります。
    ただ、難しいのは仕事がそこまで嫌ではないので続けてしまったという側面もあります。もっと仕事が嫌であればもっと早く辞めていたのですが。
    今回は、仕事が嫌というよりも毎日8時間しっかり働く必要があることが嫌で仕事を辞めました。まずは、ゆっくりしたいところです。パタヤにもいってみたいです。

  • >pattaya60さん
    パタヤ入りですか、羨ましいです(> <) 思いっきり楽しんでください。 パタヤの物価の上がり方は困りますね・・・

  • >招き猫の右手さん
    独身で資産1億でも辞められない人はいるんですよね。
    考え方の違いなので、僕としては何も言えませんが・・・

    まさか、貯金50万円切っても働かない僕の方が正気の沙汰ではないですw

  • >ゆうさん
    来月仕事を辞めるのですね、お疲れ様でした。
    自分の合った道に進むのがベストです。
    パタヤへはいつか是非行ってみてください。
    ゆったりできるところですよ(^ ^)

  • どれだけの資産が有れば
    仕事を辞めて自由に生きられるか。

    年齢や生活環境によっても
    様々なんでしょうね。

    なかなか難しい問題ですね!

    パワハラや虐めを苦に、自殺まで
    考える人もいますし。
    かと言って、無計画に辞めれば
    先の見えない不安な人生が待っているし。

    35歳を過ぎて、再就職しようと思っても
    希望通りの転職は、かなり難しいですし
    半年以上遊んでしまうと、面接で
    その間、何をしていたのかを問われるし

    40歳を過ぎて、派遣労働者の立ち位置は
    惨めなだけだし、年下の社員に指揮命令
    されるのも、色々苦しいだろうし・・・・

    仕事を辞めるのは簡単だけど、一度辞めて
    遊んでしまうと元の生活に戻るのが難しい
    ですね。

    数千万円もの貯金が有っても辞められない
    のは、そうなる事を理解しているから
    なんでしょうね!

    仕事を辞めてみて、初めて普通の生活の
    有り難みが理解出来る。

    仕事を辞めて、楽な事に踏み込む覚悟は
    安定したサラリーマンには、リスクが
    大き過ぎますね。

    自分も完全リタイアして7年目に突入
    しましたが、理想と現実のギャップを
    埋めるのに苦労しています。(^_^;)

    個人的には、東南アジアであれば
    毎月25万円以上(年収300万円程度)の
    不労所得が入る仕組みが作られている
    のであれば仕事を辞めても大丈夫かな
    と思います。

    ≪例えば≫
    1億円を年率3%(税込み)で株やリートや
    債券などのペーパー資産で運用出来れば
    300万円程度♪

    5000万円相当のアパート等の収益物件を
    6%(税込み・管理料込み)で運用出来れば
    300万円くらい♪

    但し、これを毎年安定的に継続させるのは
    相当、難しいです・・・

    他にもFXや仮想通貨等々が有りますが
    覚悟の無い人は、大変だけどサラリーマン
    を続けるのが、結局は一番だと思います!

  • 一億あったら即退職しますけどね~
    一億あったら、もう一生働きません(笑)

    今はお金無いので働いてますけど、引き籠るのを楽しみに仕事頑張ってます。
    生涯費用が貯まるまで、後十年くらいかかりそうです^^;

  • 「預貯金一杯残して亡くなる年寄りが多い」
    生保のおばさんが喫煙コーナーで話してました。
    すでに老人の年齢に達しているのに「老後」を心配している日本の年寄り。
    なんか悲しいですね。
    理想はできるだけ早くハッピーリタイアして、預貯金を使い果たしてピンピンコロリと逝きたい・・・

    来週21日からパタヤです。
    のんびり屋とは違って数日だけの滞在です。
    パタヤは初めてなので楽しみです。

  • >ラッキーさん
    年齢や生活環境によって仕事を辞める資産の額は変わってきますね。
    末永くセミリタイア生活が続けられるだけの資産があれば、退職してもOKだと僕は思っています。

  • >kasukaさん
    僕も1億円あれば最高なんですけどね。
    さすがに僕には無理な額です・・・
    ひきこもりができるように仕事がんばって下さい。

  • >SKONさん
    亡くなるときに貯金が多いのはちょっともったいないですね。
    ハッピーリタイア目指してがんばって下さい。
    来週からパタヤですか、しかも初めてとは、絶対楽しめるところですよ(^ ^)

  • 若いうちにリタイアするに数千万円(3000万円)では心許なですね。。。
    利回り5%くらいだと年間150万円。
    それを税金で20%持ってかれるので年間120万円。独り身でも少し足らないのでどこかで労働しないとダメですね。。。
    家族持ちであればもっと必要に。。。
    完全リタイアするのは夢のまた夢。。。
    なので、定年まで頑張って老後(65歳以降)楽しみます。。。それまでに死なないようにしないと。。。

  • >かしさん
    資産はたくさんないとセミリタイア生活を長く続けることはできないですからね。
    でも僕はできるだけ人生を楽しみます。

  • 今日のブログはすごく共感を覚えました。

    単純に数千万円あるから大丈夫とは言えないと思いますが、残りの人生の年数や過ごし方、自分の支出傾向、経済的なリスク(インフレなど)などを勘案した上で計算してみて、経済的に破綻しないならそれ以上の不安を感じても意味がないと言うか、人生を楽しめない分、損なだけだと思います。

    そんな感じで、私はアーリーリタイアしました。

    ただ、そうは言っても、ずっとサラリーマンで定期的な収入があったのがなくなって、貯金を取り崩す生活になった当初は不安を感じました。お金がどんどん減っていくわけですからね。
    でも、4~5年経って、全てが自分の計算通りにいっている(というか、インフレに関しては、今の所支出は増えていない)ので、今は不安もなくアーリーリタイア生活を楽しんでいます。

    まぁ、完全に引退してしまうと働いているのに比べて、予想しないような経済的な変化が起きたた場合の対処力は落ちるでしょうけど、それを言っていたら死の前日まで働くの一番安全ってことになってしまいますからね。

    P.S.
    もうすぐパタヤですね。楽しみですね。

  • バンコク<パタヤ

    プールでのんびり過ごすには宿泊代も断然安い♪

    海にも近く100バーツのマッサージで至福の喜び!!
    リゾート気分も味わえるパタヤは最高(^^)

    滞在3日目。1週間後の仕事始まりを考えたくはないけど、だからまたこの街に来ようと思う(^O^)

  • >こぶたさん
    共感いただきありがとうございます。
    逃げ切れるくらいの資産があれば会社員を辞めるのも手段の1つですね。

    はい、もうすぐパタヤです、楽しみです(^ ^)

  • >まこりんさん
    パタヤは最高ですよね~
    滞在3日目ですか、楽しんでください。
    僕ももうすぐパタヤに行けます(^ ^)

  • 生活環境をより良い物にする
    次の世代に少しでも保険になるような資産を残したい
    人生を楽しむ上で適度なストレスはそれなりのスパイスになると思っているため
    まだ働いてます
    資産は8000万位ですが2憶まで貯まればリタイヤしても良いのかなと思う

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です