現在のタイの政治は軍の独裁政権。でもそのおかげで治安はむしろ良くなっている

タイの政治

政治は軍が掌握

タイの政治は長年不安定です。

日本では考えられないクーデターが何度もタイでは起きています。

直近では2014年に軍がクーデターを起こし、今も軍が政権を握っています。

それまで政権運営をしていたインラック政権は退陣に追い込まれました。

クーデター時はタイ国内全土に戒厳令を発表して軍が治安維持にあたるという演説をするなどすごいことが近年でも起きています。

タイは大丈夫なのか? と思いますが、全然問題ないです。( 場所にもよりますが )

タイへ行くの観光客数は年間3,000万人以上で日本より圧倒的に多いです、そんなに危ないような国だったら3,000万人もの人々がわざわざタイに行ったりはしません。

タイは世界トップクラスの観光大国なのです。

治安は日本に比べれば悪いですが、過去に僕がタイに行ったときトラブルに巻き込まれたことは一度もありません。

むしろ治安は軍が政治を掌握してからは良くなっていると個人的には思っています。

なぜかと言うと治安維持にあたる警察がタイではちょっと問題になっているのです。

タイの警察が腐敗している言うのは色んなところで耳にする話です。

何か起きて警察沙汰になっても裏でお金を渡しておとがめなしということが現実に起きているからです。( もちろんこれは一部の警察です、大部分の警察は正義に従ってしっかり仕事をしています )

クーデターにより街の治安維持に軍が介入することによって警察の腐敗もなくなってきていると聞きます。

これはある意味、観光客にとってはプラスな要素です。

それでもタイの南部地域は外務省の危険区域レベルが高いので行ってはダメです、実際にテロも起きています。

まぁバンコクでも過去にテロは起きてるんですけどね・・・。パタヤの治安はどうなんだろう???

 

スポンサーリンク

現地での生活は「郷に入っては郷に従え」

来月にバンコクとパタヤで外こもり生活を約1ヶ月しますが安全にのんびりと暮らします。

重要なのは「 郷に入っては郷に従え 」です。

タイに限らず海外での生活で日本と同じような生活をしていると痛い目にあいます。

例えば、バンコク中心部では朝の8時と夕方の18時に国歌が街中に流れます。

その時はどこにいようが国家・国歌に対して敬意を表しながらずっと立ち止まっていなければなりません、従わないと不敬罪になり処罰されます。

知らなかったでは済まされないのです。

服装もブランド物を身に着けてブラブラ街を歩いていたら犯罪に巻き込まれる可能性は格段と高くなります。

僕の場合はまったく大丈夫ですね、いつもTシャツにジーパンの簡単セットなので。

どう見ても、どう考えても僕の見た目は貧乏人にしか見えないです。

と、色んなことを思いつつ今日も平和な1日を過ごします。

出発まであと5日です 

 


スポンサーリンク


3 件のコメント

  • タイは興味があっても、行ったことがないので関心を持って読んでいました。夜遊び目的なのかなと思いつつ、外務省のHPもチェックしていてちょっと安心(?)しました。
    たくさんの人が訪れるだけあって、トラブルも多そうです。警察(191)にかけても英語では心もとないですし。他にも気を付けないといけないそうで。文字検索↓

    ・睡眠薬強盗
    ・荷物を預かったりする
    ・歩行者優先の意識が低い
    ・氷水は控える
    http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_007.html

  • すいません、09:17の投稿を削除して下さい。URLがエラーになってしまうので。

  • >masaさん
    目的はもちろん外こもりですよ。
    夜遊びにハマって移住した友人にも会うのでしないとも言い切れませんが・・・
    治安は日本より悪いですがしっかり事前に調べて現地では注意して行動します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です