不労所得 2016年11月


スポンサーリンク

不労所得

先月11月の不労所得について報告します。

 

投資信託

japan-investment-trust

分配金合計額 54,631円( 前月比 -3,920円 )

「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」が分配金減( 100円 → 70円 )となり、「フィデリティ・USハイイールドファンド」も分配金減( 70円 → 50円 )になりました。

そのため、分配金の合計額は前月と比べて約4,000円程のマイナスです。

分配金は順調にタコ足分配が続き順調に資産は減っております・・・

この安定感には涙が出ます・・・

もうしばらくは毎月5万円をキープしてほしいところです。

この調子でいけばあと2ヶ月で分配金の総合計が100万円に到達します。

最初は2,000円の分配金からのスタートでしたからね、まさに塵も積もれば山となるです。

 

スポンサーリンク


 

日本株

japan-dividend

配当金合計額 0

相変わらず0円が続いています。

まあ分かっていることなのですが(笑)

今月ついに待ちに待った配当金が支給されるはずです、楽しみどす~♪

楽しみの反面、残念なことにも最近気が付きました。

12月支給分は権利確定日の9月末時点での株保有分です。

ということであまり金額は期待できません、本格的に日本株の積立投資を始めたのがその頃だったので。

それより何度も記事で言っていますが、配当金が半年毎というのは長い!!

僕にとってはここが日本株のデメリットであると思っているところです。

 

米国株・ETF

amerika-dividend

配当金合計額13.91ドル( 1,579円 )

現在、僕の投資分野の中ではメインとしているエース部門です。

11月の配当金合計額は13.91ドルで過去最高になりました。

ETFの「SPDR S&D 500(SPY)」以外は連続増配をしています。

つまり、保有しているだけで毎年もらえる配当金が増えていくということです。

当然、さらに買い増しをしていけば配当金は増え、さらにさらに配当金を再投資に使い複利運用をしていけばグングンもらえる配当金は増えていきます。

僕にとってこんなにおいしい投資はありません。

買いたいと思っている米国株を全て買った時、その時は一体毎月どれだけの支給額になっているのか・・・

考えるだけで僕の気持ちはウッシッシ状態です♪

まだ配当金は月1,000円超えるのがやっとです、とりあえずは毎月1万円配当金が支給されることを目指します。

そう考えるとまだまだ先は長そうですね。

ま、いつも通り地道にコツコツと積立投資をしていくだけです。

のんびり屋「 セミリタイアするまでやることはこれからも変わらないっす!! 」



スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ほんと毎月分配型投信はろくでもないですよね。
    配当出すぶんしっかり税金も取られるし、信託報酬は高いし・・・
    投信会社と国が儲かる商品ですw

    日本株の9月末配当が振り込まれていますね。
    僕もみずほなどが入金されてました。
    日本の金融株は絶好調ですね、マイナス金利でダメージをくらった反動なのでしょうか。

  • >招き猫の右手さん
    コメント頂きありがとうございます。

    毎月分配型投信には本当に悩まされています・・・

    色々と投資の知識がついてきてから気づくことが多くて・・・

    そこら辺はあまり気にせず、米国株・日本株の配当金を第一に考えることにします。

    この好調な金融株が続くことを祈っています。

    あと、いつもコメント頂き本当にありがとうございます。

    ブログ更新の励みになります!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です