仕事を辞めても困るのは自分だけ。独身最強伝説

スポンサーリンク

独身は明らかにセミリタイア向き

やはり独身は失うものが少ない

既婚者と比べると独身者は明らかにセミリタイアに向いていると僕は思います。

結婚するとなると基本的には以下のステージを順番に踏みます。

①結婚して相手と一緒に暮らす

②子供ができる

③マイホームを購入する

日本人の基本的な生き方ですね。

結婚しないと誓っている僕には全く無縁なものですが・・・

言うまでもなく①→②→③とステージが進むごとにセミリタイアするリスクが高くなります。

 

①結婚して相手と一緒に暮らす

①で踏みとどまるならまだリスクは低いです。

結婚すれば幸せいっぱいかもしれませんが将来セミリタイアするということを考えているといつまでものんきな気分ではいられません。

セミリタイアする場合、相手の同意を得る必要があります。

相手からそんな生き方は許さないなんてことを言われたら夫婦関係は時間が経つにつれてどんどん悪化していきます。

自分のことを理解してくれる相手ならいいのですが、それでもセミリタイア後は自分は社会人として働いてないことになります。これもまた時間が経つにつれて相手から「そろそろまた働くべき」なんてことを言われる可能性はあります。

つまり自分の思い描いていた生き方ができなくなるということです。

今は大丈夫でも人間は時間が経てば考えは変わります、相手に理解してもらうというのは結婚相手でも大変です。

結婚していない僕が偉そうなことを言っていますが、人間とはそんなものでしょう。

 

スポンサーリンク


 

②子供ができる

②のステージまで行ってしまうとセミリタイアするのはとてもハードルが高くなります。

子供を大学まで進学させるとなるとその教育はトータルで1,000万円以上いきます。

さらに子供を2人、3人と作ると教育費は2倍、3倍となります。

相当の準備がないとセミリタイアなんてできません。

というかそれ以上に問題なのが、親が無職というのは子供に与える悪い影響ははかり知れません

親は社会人として働いていないのだから自分だって大人になったら働かない・・・とこんな考えで子供時代を過ごすと大人になった時とんでもない大人になってしまう可能性があります。

逆に親が働いていないから自分は大人になったら真面目に働こうと考えて成長してくれればいいのですが、子供というのは親を見て育ちます。

「鳶(とんび)が鷹(たか)を生む」パターンは少数です、ほとんどは「蛙の子は蛙」です。

ここは親がああだこうだ言う権利はありません。

当たり前ですが子供には何の責任もありません。

②でセミリタイアする場合は、自分のことばかりでなく子供に悪い影響を与えない形で仕事を辞める必要があります。

 

③マイホームを購入する

ここまでくるとセミリタイアするリスクはどーんとどーんと高くなります。

毎月ローンを返済しながらセミリタイア生活を送るのです。

夢のマイホームですが、それは20~30年ローンで買ったものがほとんどです。

そもそも今働いている会社で定年まで働いた場合を想定してローンを組んでいるはずです。

社会人として働いていた時にもらっていた給料+ボーナスと同じ額をセミリタイア生活でも確保しておく必要があるということです。

ここまでくるとセミリタイアできないとまでは言いませんが相当難しいと思います。

③のステージまでくると気持ちだけではセミリタイアはできません。

そもそもマイホームまで買ってセミリタイアしたいなんて考えがある人は資産運用に相当の自信がある人だと思います。

 

一方、独身の場合は?

①~③の心配は一切する必要がありません( 独身でマイホームを買っていない場合ですが )

既婚者と比べるとはるかに心配事はなくなります、気が楽だと言ってもいいくらいです♪

セミリタイアするにあたっては自分の心配だけをしていればいいのですから、自分以外のことを心配する必要はありません。

仕事を辞めたときに失うものが既婚者より少ないため、あまりためらわずに仕事を辞めることができます。

そういった点では、別にセミリタイアするつもりがない人でも今の仕事が嫌だ、耐えられないと思えば既婚者より簡単に仕事を辞めて転職もできます。

ただし、一生独身の最大のデメリット、それは・・・

 

孤独死確定~~♪

 

いいんです、その分僕はそれまでの人生を悔いなく楽しく生きていたはずなので最後くらい誰からも気づかれずに命を終えたって後悔なんてありませんよ。

のんびり屋「 独身最強じゃ~~!!! 」


スポンサーリンク


4 件のコメント

  • はじめましてこんばんは。
    いつも楽しく記事を読ませていただいています。
    同年代の方が不労所得獲得に向けて積極的に取り組まれているのを見ると私も頑張らないとなと思います。
    今回はタイトルに非常に共感しましたので思わずコメントさせていただきました。
    これからも更新楽しみにしています。

  • >よーちゃんさん
    コメント頂きありがとうございます。

    よーちゃんさんも不労所得獲得に向けて行動を起こしているのですね。

    同世代でとても親近感があります。

    しかも僕の記事に共感してもらってとてもうれしいです、ありがとうございます。

    これからも僕のブログに是非お越しください。

  • 新築の家を買ったら終わりですね。

    子供ですが、親が無職でも育つんじゃないかなと思っています。
    海外では無職期間に子供がいるってよくあるでしょう、日本みたいに終身雇用の国なんてめったに無いしね。

    実は最強なのは本人もリタイア思考の女子と結婚して一緒に頑張ることなんですが、これはかなり数が少ないですね。

  • >招き猫の右手さん
    コメント頂きありがとうございます。

    新築なんか絶対に買ってはいけませんね。

    なるほど海外を考慮すると確かに無職の親は多いですからね、ある意味終身雇用の日本が特殊な感じがしますね。

    僕もセミリタイア志向の女性がいたらその人とは結婚もいいかなって思っています。出会えないと思いますが・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です